セラフィムは神=天竜人の戦士?敵対者?

|イメージイラスト・羅針盤

セラフィムは神=天竜人の戦士?敵対者? 目次

セラフィムとは熾天使のこと

新型パシフィスタにセラフィムという名がつけられたのは、翼を持ち、背中から炎を噴出しているという特徴を有していたためではないかと思います。

この翼、炎は、白い髪、褐色の肌とともにルナーリア族の身体的特徴であり…

セラフィムたちが作られるにあたってルナーリア族の血統因子が使われたことは間違いないでしょうが…

翼と炎という特徴は、キリスト教やユダヤ教の熾天使(してんし)=セラフィムの特徴と同じですからね。

翼に関しては他の天使も有しているでしょうが… 熾天使=セラフィムは、体が燃えているという他の天使にはない特徴があるようです。

ですから、新型パシフィスタのセラフィムという名が、翼と炎という特徴からつけられたものであることは確実だと思うのですが…

同時にこのセラフィムという名には、天竜人の戦士であるといった意味ももしかしたら込められているのかもしれません。

セラフィムという名は神を自認する天竜人の戦士だから?

|イメージ・古地図と方位磁石の写真

神=天竜人のために戦う戦士だから熾天使セラフィム!?

天竜人は自分達のことを神であると自認していますが…

その神である天竜人が、神であり続けるため(支配者として世界の頂点に君臨し続けるため)に邪魔になる者達を排除するために生み出された戦士であったということも…

新型パシフィスタがセラフィムと名付けられる理由になり得たのではないでしょうかね?

もちろん新型パシフィスタがセラフィムと名付けられたのは、その翼と炎という特徴が、熾天使セラフィムを思わせるものだったからだとは思いますが…

それと同時に神=天竜人のために戦う戦士だから、熾天使=セラフィムと名付けられたということもあったのかもしれません!?

神の敵対者となった堕天使ルシファーも熾天使セラフィムだった

神の敵対者サタンが、元々は神に仕える天使ルシファーだったという事はご存知の方が多いだろうと思いますが…

そのルシファーも熾天使セラフィムだったとも言われています。

もしも、新型パシフィスタ=セラフィムが、天竜人・世界政府の敵になった場合…

セラフィムという名が、神=天竜人の敵になることを暗示していたということになるかもしれません。

かつて神と呼ばれた者達から生み出されたセラフィム

また… ルナーリア族は、大昔には神と呼ばれていたようですが…(ワンピース102巻 第1033話)

その神と呼ばれていたルナーリア族の血統因子を使って生み出された戦士の名が熾天使セラフィムというのも意味ありげではありますね。

【2022年12月10日】

⇒⇒⇒セラフィムがルッチの味方になってしまう?はこちらから

⇒⇒⇒動物系の覚醒とミンク族の月の獅子スーロン化はこちらから

⇒⇒⇒悪魔の実とは誰かが望んだ人の進化の可能性はこちらから

⇒⇒⇒ルッチが能力を覚醒していたらカクもまた…?はこちらから

⇒⇒⇒麦わら帽子の秘密を世界政府の誰が知っている?はこちらから

⇒⇒⇒セラフィムは世界政府側の戦力になってしまう?はこちらから

⇒⇒⇒くまのセラフィムもニキュニキュの能力を使えたはこちらから

⇒⇒⇒バーソロミュー・くまがエッグヘッドに来る?はこちらから

続けて世界政府と海軍143『ベガパンクがエッグヘッド離れたら脳を攻撃されない?』をご覧ください

ワンピースネタバレ1115話 海面は200m上昇していた!』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ