ドラゴンの顔の模様(刺青?)は革命の象徴?

ドラゴンの顔の模様(刺青?)は革命の象徴?|ワンピース考察|イメージイラスト・羅針盤

ドラゴンの顔の模様(刺青?)は革命の象徴? 目次

ドラゴンの顔の模様(刺青?)は22年前にはなかったよう

24年前、ゴール・D・ロジャーが自らの処刑を大海賊時代の幕開けの儀式に変えてしまった時…

後に革命軍総司令官となり世界最悪の犯罪者と呼ばれるようになるモンキー・D・ドラゴンの顔には、まだ何も模様刺青はありませんでした。(ワンピース0巻 第0話)

あのドラゴンの顔の模様(刺青なのでしょうか?)は、いつからのもので、いったいどのような意味があるものなのかということは明かされていませんが…

ワンピース第1066話には、バスターコールの業火に包まれた後のオハラに訪れたドラゴンのことが描かれているようですが…

どうやら、その時点でもドラゴンの顔には、まだあの模様(刺青?)がなかったようなんです。

ということは… ドラゴンの顔にあの模様が入ったのは、オハラがバスターコールの業火に包まれた22年前以降にということになりますね!

では… 22年前にはなかったドラゴンのあの顔の模様には、いったいどんな意味があるのでしょうか?

考えていってみたいと思います。

ドラゴンの顔の模様は何? 革命の意志を象徴している?

ドラゴンの顔の模様(刺青?)は革命の象徴?|ワンピース考察|方位磁石と古地図の写真

ドラゴンの顔の模様はダイヤ? トランプ関連がワンピースには多いが…

ドラゴンの顔の模様の中のあの菱型というか正方形というかの四角いところは、トランプのダイヤのように見えますよね?

よくご存知だとは思いますが、ワンピースにはトランプに関連するもの、トランプに関連することが数多く登場しています。

■ポートガス・D・エースはその名がズバリ”エース”で率いていたのはスペード海賊団

■百獣海賊団の大看板はキング、クイーン、ジャックで飛び六胞や真打ちはトランプのゲーム

■ドンキホーテ・ドフラミンゴはジョーカーと呼ばれていて、ドンキホーテ海賊団の幹部達の名はトランプのマークを意味するスペイン語

■トラファルガー・ローが率いる海賊団はハートの海賊団

などなどといった具合にです。

となりますと… やはり、あのドラゴンの顔の模様もトランプのダイヤということになるのではないかと思えてきますね?

ドラゴン率いる革命軍にもトランプと関連する者達が…

ドラゴンが率いる革命軍にもトランプとの関連が感じられる者達がいます。

革命軍グランドライン軍軍隊長エンポリオ・イワンコフの顎は、スペードを逆さにした形状ですし…

イワンコフはカマバッカ王国の女王=クイーンでもあります。

そして、そのイワンコフの部下で革命軍グランドライン軍副隊長であるイナズマの特徴的な髪型はクラブの形になっていますね。

ワンピースにトランプに関連するもの、ことが多いだけでなく、ドラゴンが率いている革命軍にもトランプの要素が明らかに入ってきているとなりますと…

やはりドラゴンの顔の模様は、トランプのマーク=ダイヤだと考えてよさそうに思えてきますね!

ドラゴンの顔の模様が革命の意志と無関係とは思えない!

革命軍総司令官であるドラゴンの顔の模様が、彼の持つ革命の意志と無関係であるとは考えにくいですよね!

では… 顔の模様がトランプのマーク=ダイヤであり、それが革命の意志と関わってくるのだとしたら…

やはり考えられるのは、トランプのゲーム「大富豪」の「革命」のことでしょうかね!

ドラゴンの顔にはダイヤが三つありますから、これはトランプのカード=ダイヤの3を意味しているのかもしれません。

そして、3は「大富豪」では通常は最弱のカードとなっていますが、革命が起きると一転し、最強のカード(ジョーカーは除いて)になります!

ですから、ドラゴンの顔の模様は、ダイヤの3を意味していて…

そこには革命を成し遂げ、世界をひっくり返し、天竜人の支配を終わらせるというドラゴンの「革命の意志」が込められているのかもしれないですね?

【2022年11月11日】

⇒⇒⇒ベガパンクがドラゴンに標的は見失うなと言った件はこちらから

⇒⇒⇒CP-0がくまのセラフィムを返すのはなぜ?はこちらから

⇒⇒⇒生きていたサウロとロビンは再会する?はこちらから

⇒⇒⇒CP-0はエッグヘッドで麦わらの一味と戦う?はこちらから

⇒⇒⇒バギーのセラフィムも作られたのかな?はこちらから

⇒⇒⇒ジンベエのセラフィムはスイスイの実の能力者?はこちらから

続けて作品世界考察『サウロが巨人族の船長になっていた件を考える』をご覧ください

ワンピースネタバレ1115話 海面は200m上昇していた!』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ