959話で全船出航不能と判明 討入り不可能?

羅針盤イラスト

伊達港でフランキーが整備してきた船が959話で全船出航不能に!

ワンピース第958話では集合場所=約束の港・常影港にルフィ達も四千の兵も現れずに愕然とする錦えもん達の姿が描かれていました。

そして、「事件は- 昨夜起きていた-」とだけ明かされ、第958話は終わり…

959話では、その「昨夜起きていた事件」の内容が明かされました!

で… アシュラ童子がワノ国中の港から伊達港に集め、フランキー達が整備していた船が全船出航不能になってしまったことが明らかになったわけですが…

せっかく整備していた船が全船出航不能になってしまったとなると… 四千の兵は、どうやって鬼ヶ島に乗り込むことになるのでしょうか?

全船出航不能となると… ここで援軍が登場か?

せっかく整備していた船が全船出航になってしまい、鬼ヶ島へ乗り込む方法が失われてしまったとなると…

次に起こる展開としてまず真っ先に思いつくのは、ここで援軍が現れ、その援軍の船に乗って四千の兵達が鬼ヶ島に渡るという展開でしょうかね?

もしも、本当にそういう展開になった場合、錦えもん達も援軍の船に乗り込んで鬼ヶ島に渡ることになるのかもしれませんが…

その場合、錦えもん達は小舟で鬼ヶ島に渡ろうとしていましたが(ワンピース 第959話)それに失敗したということになるんでしょう。

959話で全船出航不能に! しかし援軍が現れる!?

荒れる海の写真

全船出航不能という状態に陥ったところで現れる援軍は誰?

用意していた船が全船出航不能となったところに颯爽と現れ、四千の兵を鬼ヶ島に導く援軍の候補として考えられそうなのは…

■ワノ国入りが遅れていたネコマムシと共に現れる白ひげ海賊団の残党達

■ルフィの子分盃を飲んだ者達のうちの誰か=麦わら大船団の誰か(四千の兵を運ぶとなると全56隻の大艦隊=ヨンタマリア大船団を率いるオオロンブスが本命?)

■ジンベエとタイヨウの海賊団

■忍者海賊ミンク侍同盟から離脱したかと思われたトラファルガー・ローが率いるハートの海賊団

などといったところになりますが…

タイヨウの海賊団やハートの海賊団の船では四千の兵を運ぶことができなそうだということを考慮すると…

四千の兵を運ぶ援軍の候補からはタイヨウの海賊団やハートの海賊団は除外してもよさそうですね。

それに… 麦わら大船団の者達が鬼ヶ島での決戦に駆け付ける可能性はそう高くないような気もするんですよね。

となると、本命はやはりネコマムシと共に現れる白ひげ海賊団の残党達ということになるでしょうか?

959話では四千の兵が橋を壊され常影港に行けなくなっていたが…

ワンピース第959話では、鬼ヶ島に渡るために用意されていた船が全船出航不能にされてしまっただけではなく、ワノ国内の郷と郷をつなぐ大橋が爆破され…

そのために四千の兵達が集合場所の常影港にやって来ることができなくなっていました。

ですが… 郷と郷をつなぐ大橋が爆破された後も「花の都」を通れば常影港に行くことは可能になっていたようでした。

また、常影港への集合にこだわらず、他の港から鬼ヶ島に向かうことにしても特に問題はないでしょうから…

爆破され、全船出航不能となってしまった船の代わりに四千の兵を鬼ヶ島に運ぶ船さえ確保できれば、予定より時間は遅れてしまうにしても鬼ヶ島への討入りは十分に可能だと思いますが…

はたして四千の兵を鬼ヶ島に運ぶ援軍は本当に現れるのでしょうか?

四千の兵の鬼ヶ島への討入りを可能とする援軍は狂死郎!?

実は光月側の人間なのではないか?

実は傳ジローなのではないか?

などと多くのワンピースファンから予想されている狂死郎ですが…

四千の兵の鬼ヶ島への討入りを可能とする援軍は、もしかしたら狂死郎なのかもしれませんね。

狂死郎が都の留守番になり、オロチと共に鬼ヶ島に行っていなかったこと(ワンピース 第958話)が、実はその伏線になっていたということも考えられそうですが…

どうなるでしょうか?

【2019年10月21日】

⇒⇒⇒ネタバレ960話 光月おでんは0歳の事から規格外はこちらから

⇒⇒⇒39年前の光月おでん 娘・女房・家畜を隠せ?はこちらから

⇒⇒⇒お鶴は食糧盗みの罪で本当に焼かれたのか?はこちらから

⇒⇒⇒959話でサウザンドサニー号は爆破されたのか?はこちらから

⇒⇒⇒ロジャーはエースを海賊にさせたくなかった?はこちらから

⇒⇒⇒光月おでん回想・ワノ国過去は何回続き決戦はいつ?はこちらから

⇒⇒⇒「鬼ヶ島の入口は冬」とはどういう意味なの?はこちらから

⇒⇒⇒Dと巨大な王国とワノ国と光月家とミンク族の関係はこちらから

⇒⇒⇒鬼ヶ島にいる敵は3万人なの? 4万人なの?はこちらから

続けて『火祭りの夜だけが鬼ヶ島への討入りの機会チャンス?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

   

このページのトップへ

トップページへ