41年前の光月おでん 娘・女房・家畜を隠せ?

羅針盤イラスト

41年前の「花の都」で光月おでんを見た人々が娘・女房・家畜を隠せと…

ワンピース第959話の終盤からワノ国の過去編が始まりましたが…

41年前の「花の都」で光月おでんの姿を見かけた人々が口々に

「おい娘達を隠せ!!」

「女房を隠せ!!!」

「店を閉めろ」

「家畜を隠せ!!」

「急げ!! 来るぞ!!」

などと言っていましたね!

光月おでんの登場と共に「都には当代きっての人気者あり-」とも記されていましたが…

「花の都」の人々の「おい娘達を隠せ!!」「女房を隠せ!!!」「店を閉めろ」「店を閉めろ」という言葉は、とても人気者の姿を見かけた時のものとは思えませんね。

それでも本当に光月おでんは当代きっての人気者だったのでしょうか?

そして、光月おでんの姿を見かけた「花の都」の人々が「娘達」「女房」「家畜」を隠せ、「店を閉めろ」と言っていたのはなぜだったのでしょうか?

考えていってみたいと思います。


※週刊少年ジャンプ掲載時、第959話終盤から始まったワノ国過去編は「39年前」となっていましたが公式Twitterで「41年前」と訂正されました。

41年前、破天荒な光月おでんが暴力事件を繰り返し起こしていたことは確かだが…

ルフィ達に光月おでんのことを話した際に錦もんは

「我らが主君おでん様は実に破天荒なお方で… 当時ワノ国の将軍であった「光月スキヤキ」様の子息でありながら自由人で暴力事件をくり返し… ついには「花の都」を追放されてしまったのだ」

と言っていました。(ワンピース91巻 第920話)

ですから、41年前、青年時代の光月おでんが暴力事件を繰り返し起こしていたことは間違いありません。

41年前の光月おでん 娘・女房・家畜を隠せと言われるような事は…

荒れる海の浮世絵風イラスト

光月おでんが娘・女房を人々が隠したくなるようなことをしていたとは思えない!

だからといって、41年前に光月おでんが、「花の都」の人々が娘達や女房を隠さなければならなくなるようなことを実際にしていたなどということは絶対に考えられませんよね。

青年時代に人々が娘達や女房を隠さなければならなくなるようなことをしていた光月おでんが、後に郷の皆に好かれる大名になれたとは思えませんからね。

暴れ者で暴力事件を繰り返し起こした光月おでんの噂に様々な尾ひれが付き…

その尾ひれがたくさん付いた噂を信じてしまった人々が、光月おでんが娘達や女房、さらには家畜までを隠さなければならないようなことまでしていると思い込んでしまった

……そういうことだったのではないでしょうか。

光月おでんは傾奇者で暴れ者でも人の道から外れたようなことはしなかったはず

光月おでんが、いわゆる傾奇者(かぶきもの)であったことは間違いないでしょう。

傾奇者とは常識を逸脱した行動に走り、異風を好む者のことです。

傾奇者であり暴れ者であり、そのために当時のワノ国の将軍であった父・光月スキヤキに「花の都」から追放されてしまった光月おでんですが…

人の道から外れるようなことは、けっしてしていなかったはずですよね。

で… そんな型にハマらない破天荒な人物・光月おでんの強烈な魅力に惹きつけられたのが、赤鞘の侍達であり、妻となるトキであり、白ひげであり、ロジャーだったのでしょうね。

【2019年10月23日】

※光月おでんが15歳の頃に夜な夜な都の女達をさらい、ハーレムを築いていた事、そして女達の恋人、親、夫などを喜々として迎え討っていた事がワンピース第960話で明らかになりました

【2019年10月28日】

※週刊少年ジャンプ2019年47号掲載時には第959話終盤スタートの過去編が「39年前」となっていましたが…

公式Twitterで「41年前」と訂正されていたんですね!

それに気づかずに記事を執筆してしまいましたが、該当箇所を10月29日に訂正させてもらいました

【更新 2019年10月29日】

⇒⇒⇒ネタバレ960話 光月おでんは0歳の事から規格外はこちらから

⇒⇒⇒お鶴は食糧盗みの罪で本当に焼かれたのか?はこちらから

⇒⇒⇒959話でサウザンドサニー号は爆破されたのか?はこちらから

⇒⇒⇒光月おでん回想・ワノ国過去は何回続き決戦はいつ?はこちらから

⇒⇒⇒「鬼ヶ島の入口は冬」とはどういう意味なの?はこちらから

⇒⇒⇒Dと巨大な王国とワノ国と光月家とミンク族の関係はこちらから

⇒⇒⇒鬼ヶ島にいる敵は3万人なの? 4万人なの?はこちらから

続けて『作品世界考察 ワノ国の鎖国 光月に深く関わる理由とは何?』をご覧ください

ワンピースネタバレ1068話 因縁の邂逅!ルフィとルッチ』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

   

このページのトップへ

トップページへ