鬼ヶ島にいる敵は3万人なの? 4万人なの?

羅針盤イラスト

敵の人数が第955話では3万人、第958話では4万人になっていた

「ワノ国 第二幕」が幕を閉じたワンピース第955話でニコ・ロビン(おロビ)が

「私が聞いた情報では「百獣海賊団」の兵力が約2万人 「将軍オロチ」の”行列”の人数は約1万人 つまり当日「鬼ヶ島」には”3万人”のがいるという事に」

と言っていました。

ですが、「ワノ国 第三幕」が幕を開けたワンピース第958話では、鬼ヶ島に向かう船の上で将軍・黒炭オロチが

「総勢四万の”大宴会”!! 今年も盛り上がろうぞ!!」

と言っていましたし、錦えもんも

「敵は4万!!!」

と言っていました。

いったい鬼ヶ島にいる敵の人数は3万人なのでしょうか? 4万人なのでしょうか?

どちらなのでしょうかね?

錦えもんも第955話の時点では敵は3万人と思っていた!?

第958話では「敵は4万!!!」と言っていた錦えもんですが、第955話ではロビン(おロビ)が「当日「鬼ヶ島」には”3万人”の敵がいるという事に」と言ったのを聞いて

「対する我々の数は今 ざっと4千人 まァ全面戦争ではないにせよ…」

と言っていましたし、錦えもんがそう言っているコマには

「30,000vs4,000」と描かれてもいました。

ですから、第958話では「敵は4万!!!」と言っていた錦えもんも第955話の時点では敵の人数は3万人だと思っていたはずなんですよね。

3万人? 4万人? 鬼ヶ島にいる敵の人数、本当は…!?

荒れる海のイラスト

単行本では3万人か4万人かどちらかに修正されるのかな?

第二幕が幕を閉じる第955話では3万人とされていた鬼ヶ島にいる敵の人数が、なぜか何の説明もなく第三幕が幕を開けた第958話では4万人になっていたとなると…

3万人か4万人のどちらかは間違いであって、単行本(コミックス)に収録される時には、3万人あるいは4万人のどちらかに統一(訂正)されるのかもしれないですね。

ですが…

■「飛六胞」と「飛び六胞」という表記が両方使われていた(ワンピース92巻 第929話)

■ヒョウ五郎が「何万人という囚人がこの兎丼にいる……!! しかし全員が盗みや傷害で捕まったわけじゃない ここにいるほとんどの囚人達の”罪状”は「オロチへの反逆」だ……!!!」と言っていた時(ワンピース93巻 第940話)には兎丼で何万人という兵を得るようになるのかと思われたが…

実際には兎丼で得た兵の数は3千500人だった。(ワンピース94巻 第952話)

なども単行本(コミックス)収録時に訂正されるかと思っていたら、訂正されないままになっていましたので…

今回も鬼ヶ島にいる敵の人数が第955話では3万人、第958話では4万人のままに単行本(コミックス)でなっているということもあり得そうです。

敵が3万人でも4万人でも実はたいした違いではない!?

もっとも… 鬼ヶ島にいる敵が3万人であろうと4万人であろうと実は、そんな違いはたいした問題ではないだろうとは思います。

ルフィ達は魚人島では「10万人vs10人」の戦いを体験していますが…

この時には、ルフィの覇王色の覇気によって一瞬で5万人の敵が倒れてしまいましたからね。(ワンピース64巻 第634話)

10万人いる敵を相手に10人で戦ったこともあるような者達が戦うわけですから、鬼ヶ島にいる敵が3万人でも4万人でも、その大多数は雑魚でしょうから、1万人の差はたいした問題にはならないはずです。

ルフィ達にとって問題なのは敵の人数が3万人か4万人かということではなく、魚人島で10万人と戦った時にはいなかったようなカイドウ、ビッグ・マムという超強敵が今回の鬼ヶ島にはいるということですね。

【2019年10月14日】

⇒⇒⇒赤鞘九人男・光月に内通者・裏切り者はいない?はこちらから

⇒⇒⇒Dと巨大な王国とワノ国と光月家とミンク族の関係はこちらから

⇒⇒⇒錦えもんは本当に頭の切れる男なのか?はこちらから

⇒⇒⇒鬼ヶ島の決戦は頂上戦争以上 世界政府戦は更に…はこちらから

⇒⇒⇒ビッグ・マムは38年前より68歳の今の方が強い?はこちらから

⇒⇒⇒ワノ国がなぜ国を閉ざすのか 答はラフテルにあるはこちらから

⇒⇒⇒約束の港から四千の兵やルフィ達はなぜ消えた?はこちらから

⇒⇒⇒狂死郎が都の留守番で鬼ヶ島に行かない事の意味はこちらから

⇒⇒⇒約束の港から四千の兵やルフィ達はなぜ消えた?はこちらから

続けて『作品世界考察 赤鞘九人男・光月に内通者・裏切り者はいない?』をご覧ください

ワンピースネタバレ1112話 マーズ聖がパンクレコーズに』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

   

このページのトップへ

トップページへ