コビーが少将で機密特殊部隊SWORDだった件

ワンピース ワールドコレクタブルフィギュア-世界会議(レヴェリー)1- コビー

海軍本部・機密特殊部隊SWORDの隊員だったコビーは少将に昇進していた!

ワンピース第956話でコビーが、海軍本部・機密特殊部隊SWORD(ソード)の隊員になっていた事が明らかになりましたね!

そして、そのことにばかり気をとられてしまいましたが…

実はコビーが、いつの間にか海軍本部の少将に昇進していたということもワンピース第956話で明らかになっていましたね!

世界会議に向かうドレスローザとプロデンス王国の船を魚雷攻撃から守った時には大佐だったのにです!(ワンピース90巻 第903話)

今回は、コビーが機密特殊部隊SWORDの隊員になっていたこと、そして、少将に昇進していたことについて考えていってみたいと思います。

大将になると宣言しているコビー

コビーはウォーターセブンでルフィと再会した際に

「僕はいつか!!! 海軍の… た…!!! ”大将”の座についてみせます!!!」

と言っていました。

そして、自分がそんな大きなことを思わず言ってしまったことに戸惑いビビっていたコビーに対しルフィが

「コビー!!! おれと戦うんだろ? だったらそんくらいなれよ!! 当然だ!!!」

と言っていましたから…(ワンピース45巻 第433話)

ワンピースが王道を行く正しい少年漫画である以上、コビーは大将になるのだろうと予想しています!

凄い勢いで少将まで昇進していたコビー

海軍の階級は、ワンピース8巻の84ページに掲載されているSBSによれば、上から

■元帥

■大将

■中将

■少将

■准将

■大佐

■中佐

■少佐

■大尉

■中尉

■少尉

■准尉

■曹長

■軍曹

■伍長

■一等兵

■二等兵

■三等兵(新兵)

■雑用

となっています。

ウォーターセブンでルフィと再会した時には曹長だったコビーが…(ワンピース45巻 第432話)

ドレスローザとプロデンス王国の船を魚雷攻撃から守った時には大佐になっていて(ワンピース90巻 第903話)

それから、まだ数週間しか経ていないはずのワンピース第956話の時点では少将に昇進していたというわけですね!

(映画『PNE PIECE FILM Z』公開時に配布された『ONE PIECE ジャンプコミックス巻千』でコビーが大佐に昇進していることは確認できていました)

機密特殊部隊SWORDの隊員で少将に昇進していたコビー

フィギュアーツZERO コビー&ヘルメッポ

コビーはロッキーポート事件での功績が認められ大佐になり、魚雷攻撃を防いだ功績で少将になった!?

コビーは魚雷攻撃からドレスローザとプロデンス王国の船を守った際にキュロスから

「君! 有名なコビー大佐か!! あのロッキーポート事件で市民を守った英雄」

と言われていました。(ワンピース90巻 第903話)

ですから、コビーが短期間で大佐まで昇進できたのは、トラファルガー・ローが首謀者とされるロッキーポート事件(ワンピース70巻 第700話)で市民を守ったという功績が評価されたためでもあったのではないかと推察できます。

そして、世界会議(レヴェリー)を挟む数週間の間にコビーが今度は大佐から少将へと二階級昇進できたのは、もしかしたらドレスローザとプロデンス王国の船を魚雷から守ったことが高く評価されたためだったのではないかと推察できますね。

海軍本部・機密特殊部隊SWORDの隊員になっていたコビー

多くのワンピースファンが、コビーがワンピース作品内の時間で数週間のうちに大佐から少将に昇進していたことよりもコビーが海軍本部の機密特殊部隊SWORDの隊員だったことに驚いたのではないかと思いますが…

コビーは、いったいいつから機密特殊部隊SWORDの隊員になったのでしょうか?

なにしろ第956話を読むまでは海軍本部の中に機密特殊部隊SWORDなどという組織があることさえ私達は知らなかったわけですから、それを推察することは、かなり困難ではあります。

ですが、機密特殊部隊SWORDの隊長であるドレークがコビーのことを信頼しきって話をしているようだったことから…

コビーとドレークにはどうやら面識がありそうだと推察できますね。

そのとおりだとすれば、ドレークが百獣海賊団入り(あるいは百獣海賊団の傘下入り)し、ワノ国へ行き編笠村を滅ぼす以前にコビーが機密特殊部隊SWORDの隊員になっていた可能性が高そうですね。

もしも×の形の傷が機密特殊部隊SWORDの隊員の証だとしたらコビーは…

ドレークは顎、そして、コビーは額に×の形の傷がありますね。

もしも、この×の形の傷が機密特殊部隊SWORD隊員の証なのだとしたら…

コビーはウォーターセブンでルフィと再会した時に既に機密特殊部隊SWORDの隊員になっていたということになりますね!

ですが… 機密特殊部隊SWORDの隊員達は、おそらく海軍本部の他の海兵に対しても自分が機密特殊部隊SWORDの隊員であることは秘密にしているものと思われますので…

機密特殊部隊SWORDの隊員達が、その証として顔に×の形の傷を入れるなどという目立つことをする可能性は非常に低いように思えますが…

実際のところは、どうなのでしょうかね?

【2019年9月22日】

※2019年12月28日に発刊されたワンピース95巻では第956話に記されているコビーの階級が週刊少年ジャンプ掲載時の「少将」から「大佐」に修正されていました


⇒⇒⇒海軍はワノ国に来ないが決戦は頂上戦争以上に?はこちらから

⇒⇒⇒ボア・ハンコック対コビー少将 激突必至か?はこちらから

⇒⇒⇒アラバスタ王国に関する事件とは何なのか?はこちらから

⇒⇒⇒ドレークは海軍本部・機密特殊部隊SWORD隊長はこちらから

⇒⇒⇒サボは本当に死んだ? 実は生きている?はこちらから

⇒⇒⇒サボの死ではなく○○がビッグニュースだった?はこちらから

続けて『世界政府と海軍28 鬼ヶ島の決戦は頂上戦争以上 世界政府戦は更に…』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ