トップ > 新旧王下七武海 > ゲッコー・モリア

ゲッコー・モリアがルフィ達の味方になる?

フィギュアーツZERO ゲッコー・モリア

ゲッコー・モリアがルフィ達の味方になる? 目次

ゲッコー・モリアは黒ひげに「おれの船に乗れ」と言われていたが…

ゲッコー・モリアは、アブサロムの身を案じて乗り込んだ黒ひげ海賊団が拠点としている海賊島ハチノスで姿を消し、透明となったシリュウに斬りつけられ…

アブサロムのものだったスケスケの実の能力が奪われ、シリュウのものとなっていたことを知ったところで、黒ひげから

「おれの船に乗れ!!! モリア!!」

と言われていました。(ワンピース92巻 第925話)

ゲッコー・モリアは、生き延びるためには黒ひげの軍団に下らざるを得ず…

黒ひげ海賊団の一員、あるいは、黒ひげ海賊団傘下の海賊になったのかもしれませんが…

そうだとしても、そうでなかったとしても、今後、ゲッコー・モリアがルフィ達の味方になるという展開があり得るのではないでしょうかね?

モリアは黒ひげの軍門に下っていてもいなくても味方に!?

|イメージイラスト・羅針盤

   

ゲッコー・モリアは黒ひげの軍門に下っていてもルフィ達の味方に!?

ゲッコー・モリアは、けっこう部下思いの男だったようで、ハチノスでカタリーナ・デボンが化けたアブサロムの姿を見た時は心底ホッとしていたようでした。(ワンピース92巻 第925話)

ペローナがゲッコー・モリアのことを慕い、彼の安否をメチャクチャ心配していたのも…(ワンピース60巻 第592話・ワンピース92巻 第925話)

それだけゲッコー・モリアが部下思いな男だったからなのかもしれません。

そんな部下思いのゲッコー・モリアなら、仮に生き延びるためにやむを得ず黒ひげの軍門に下り、黒ひげ海賊団の一員か黒ひげ海賊団傘下になっていたとしても…

アブサロムの命を奪った黒ひげと黒ひげ海賊団を倒せる機会がやってくるのを待っている可能性が高そうですよね!?

ですから、黒ひげ海賊団とルフィ達麦わらの一味が激突した時、黒ひげの軍門に下っていたゲッコー・モリアが黒ひげを裏切り…

ルフィ達の味方になるという展開も十分にあり得るのではないでしょうかね?

ゲッコー・モリアは黒ひげの軍門に下っていないかも…

黒ひげから「おれの船に乗れ!!! モリア!!」と言われた後、ゲッコー・モリアがどうなったかはわかっていませんから…

ゲッコー・モリアが黒ひげの軍門に下っていないという可能性もあるでしょうが…

その場合でも、もしもゲッコー・モリアが生き延びてさえいたら、黒ひげ海賊団と激突するルフィ達の味方になるという可能性は、もちろんあると思います!

ゾロとペローナが二年間一緒にいたのはゲッコー・モリアが味方になる伏線!?

ゾロとペローナは、二人ともバーソロミュー・くまによってクライガナ島・シッケアール帝国跡地に飛ばされ…

ジュラキュール・ミホークが住み処としている古城で二年間を一緒に過ごしたわけですが…(ワンピース60巻 第592話~)

もしかしたらゾロとペローナが二年間一緒に過ごしたことは、ゲッコー・モリアがルフィ達の味方になることの伏線になっていたのかもしれないですね!?

【2021年1月3日】

⇒⇒⇒五老星が話していた悪魔の実はゴムゴムの実?違う?はこちらから

⇒⇒⇒天竜人の祖先がルナーリア族を滅ぼしたのはなぜ?はこちらから

⇒⇒⇒なぜキングはカイドウがジョイボーイと思った?はこちらから

⇒⇒⇒象主ズニーシャは巨大な何かに監視されている!?はこちらから

⇒⇒⇒世界政府が倒れるのはルフィがラフテルに行く前?後?はこちらから

⇒⇒⇒新世代勝利が追い風になる世界中で起きてる事件とははこちらから


漫画友達|「呪術廻戦」「鬼滅の刃」などの漫画の考察・ネタバレ

※当サイト『ワンピース考察・研究』の管理人が運営する『呪術廻戦』『鬼滅の刃』などの漫画の考察サイト『漫画友達』も是非ご覧ください

続けて『新旧王下七武海 バーソロミュー・くま1 バーソロミュー・くまがペローナを飛ばした意図は?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ