天竜人の祖先がルナーリア族を滅ぼしたのはなぜ?

天竜人の祖先がルナーリア族を滅ぼしたのはなぜ?|イメージイラスト・羅針盤

天竜人の祖先がルナーリア族を滅ぼしたのはなぜ? 目次

ルナーリア族が住む「神の国」は現在のマリージョアの場所にあった

キングと対峙しながら

「聞いた事あるぞ… 昔々… 赤い壁のその上に… ”発火”する種族が住んでいました…」

「"火災”の”キング”か…」

と言っていたマルコが(ワンピース101巻 第1022話)、その後で昔、白ひげと

マルコ:「”赤い土の大陸”(レッドライン)の上はマリージョアだろうよい」

白ひげ:「いやあ そのずっと昔だ… あの上には「神の国」があったらしいぜ………!!」

といったやりとりをしていたことを回想していました。(ワンピース101巻 第1023話)

そして、キングが大昔には”神”と呼ばれていた絶滅したはずのルナーリア族の生き残りであることをクイーンが明かしていましたから…(ワンピース 第1033話)

ルナーリア族が住んでいた「神の国」は、天竜人の祖先によって滅ぼされ、「神の国」があった場所に現在はマリージョアがあるということなのでしょう。

では、天竜人の祖先がルナーリア族を滅ぼした理由は何だったのでしょうか?

考えて行ってみたいと思います。

ルナーリア族を天竜人の祖先が滅ぼした理由

天竜人の祖先がルナーリア族を滅ぼしたのはなぜ?|イメージ・古地図と方位磁石の写真

天竜人の祖先にとってルナーリア族は危険で邪魔な存在だった!?

ルナーリア族は、自然界のあらゆる環境で生存でき、大昔には”神”と呼ばれていたといいますし…(ワンピース 第1033話)

ルナーリア族の生き残りであるキングが、最強生物と呼ばれる四皇カイドウの右腕となるほど強かったわけですから…

天竜人の祖先達がルナーリア族のことを危険で邪魔な存在だと思ったとしても不思議ではありません。

また、世界を創造した「神」を自認していた天竜人の祖先にとって人々から「神」と呼ばれていたルナーリア族が目障りだったであろうことも想像に難くありません。

天竜人がルナーリア族を滅ぼした理由は、危険で邪魔で目障りだったからということなのかもしれないですね!?

天竜人の祖先にとって「神の国」の場所がどうしても必要だった!?

ルナーリア族が住んでいた「神の国」のあった場所に現在は天竜人が住む聖地マリージョアがあるわけですから…

天竜人の祖先にとって「神の国」のあった場所は、どうしても自分達のものとする必要のある場所であり…

それを手に入れるためにそこに住んでいたルナーリア族を天竜人の祖先達は滅ぼしたということも考えられそうですね!

もしも、そのとおりだった場合には、今後のワンピースの物語の中で現在、マリージョアのある場所が持つ重要な意味が明かされていくことになるでしょうね!

【2022年1月16日】

⇒⇒⇒マム敗北後のビッグ・マム海賊団の名称はこちらから

⇒⇒⇒キッド「別の目的に動かされてる気がする」はこちらから

⇒⇒⇒ドンキホーテ・ドフラミンゴと大看板どっちが強い?はこちらから

⇒⇒⇒ルフィのゴムゴムの実の能力ワノ国で覚醒しない?はこちらから

⇒⇒⇒シルバーズ・レイリーは最も巨大な戦いに参戦しない!?はこちらから


漫画友達はこちらから

※当サイト『ワンピース考察・研究』の管理人が運営する『呪術廻戦』『鬼滅の刃』などの漫画の考察サイト『漫画友達』も是非ご覧ください

続けて世界政府と海軍74『赤犬サカズキと四皇達とどちらの方が強い?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ