ドレークはルフィと共闘後、海軍へ戻らない?

ドレークはルフィと共闘後、海軍へ戻らない?|イメージイラスト・羅針盤

ドレークはルフィと共闘後、海軍へ戻らない? 目次

ルフィに共闘を申し出たドレーク

X(ディエス)・ドレークが、ルフィに共闘を申し出るという展開が、ワンピース第990話であるようで…

既に『ドレークとルフィの鬼ヶ島の決戦後の関係は?』という記事も書かせていただきましたが…

もしかしたら、ドレークは、ルフィ達と鬼ヶ島で共闘後、もう海軍へは戻らないという可能性もあるのではないでしょうか?

今回は、そのことについて考えてみたいと思います。

ルフィと共闘後、ドレークは海軍へ戻らないかも…!?

ドレークはルフィと共闘後、海軍へ戻らない?|イメージ・古地図と方位磁石の写真

ルフィはドレークにとって”希望”!

ワンピース第990話では裏切り者であることがバレていたドレークが、クイーンとフーズ・フーに追い詰められ、危機に陥った後…

ルフィこそが自分にとっての”希望”であると考え、ナンバーズ十鬼に対して攻撃を繰り出してから、ルフィに共闘を申し出るようです。

この”希望”というのは…

■裏切り者(潜入者)であるとバレてしまった自分が生還する為の”希望”

■カイドウや百獣海賊団の者達の敵になってしまった自分が生き残る為の”希望”

でもあるのかもしれません。

しかし、それだけではなく、ドレークは

■世界に大きな災いをもたらす敵カイドウと百獣海賊団を倒し得る”希望”

をルフィに見出しているのだと思いますし、さらに、もしかしたら…

■ルフィこそが世界を夜明けへと導く”希望”

とまで思っている可能性もあるかもしれません!

ルフィに”希望”を見出しているドレークは海軍に戻らない!?

海軍本部機密特殊部隊「SWORD」(ソード)の隊長であるドレークですが、その複雑な生い立ちもあり…

青雉クザンと同じように世界政府・海軍が全てであるとは思っていない可能性が極めて高いのではないかと思います。

ですから… ルフィに”希望”を見出しているドレークが、ルフィ達との共闘後、もう海軍に戻らないという展開もあり得るかもしれませんね!?

ドレークはルフィと共に世界政府・海軍と戦う!?

そして… 『ドレークとルフィの鬼ヶ島の決戦後の関係は?』にも書かせていただいたのですが…

ドレークは、大海を分かつ程の巨大な戦でルフィと共に世界政府・海軍と戦う可能性もあるのではないかと思います!

それまでドレークが海軍に所属し続けている可能性も、所属し続けてはいない可能性もどちらもあるのではないかと思うのですが…

どうなるでしょうかね?

【2020年9月13日】

⇒⇒⇒福ロクジュはカイドウに仕える気が本当はない?はこちらから

⇒⇒⇒世界的展開・ワンピース史上最も巨大な戦いはこちらから

⇒⇒⇒ワンピース97巻SBSで得られた情報はこちらから

⇒⇒⇒キングもクイーンも拷問好きの変態野郎?はこちらから

⇒⇒⇒明日まで生きてる確率1%の「ある男」は誰?はこちらから

⇒⇒⇒おでんを名乗るヤマトがカイドウの技を使う理由はこちらから

⇒⇒⇒ドレークとルフィの鬼ヶ島の決戦後の関係は?はこちらから

続けて世界政府と海軍45『ドレークにコビーがルフィのことを話していた件』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ