青雉は麦わらの一味の者達の素性どこまで知ってた?

Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ EDITION-Z 青雉 クザン

青雉は麦わらの一味のことを「細かく素性を辿れば骨のある一味だ」と言っていた

青雉クザンは登場したばかりの頃に麦わらの一味の者達に対して

「政府はまだまだお前達を軽視しているが… 細かく素性を辿れば骨のある一味だ -少数とはいえ これだけ曲者が顔を揃えてくると後々面倒な事になるだろう」

と言っていました。(ワンピース34巻 第320話)

しかし、この時点では

■ルフィが「海軍の英雄」ガープの孫で革命軍を率いる「世界最悪の犯罪者」ドラゴンの息子だということ

■サンジにヴィンスモーク家の血が流れていること

■ニコ・ロビンがオハラの生き残りであること

などが私達ワンピースファンにはまだわかっていませんでした。

ですから、青雉の言葉が今一つピンとはきませんでした。

青雉はロビンのこと、ルフィのことは当然知っていたが…

青雉はルフィがガープの孫であること、そして、ニコ・ロビンがオハラの生き残りであるということは当然知っていたわけですが…

ウソップが赤髪海賊団の狙撃手ヤソップの息子であること、そして…

ジェルマ王国の王家であり、ジェルマ66を率いるヴィンスモーク家の血がサンジに流れていることも青雉は、この時点で知っていたのでしょうか?

世界政府の情報力のことを考えれば知っていたとしても不思議ではないと思います。

というか… ルフィ、ロビンのことしか知らずに青雉が「細かく素性を辿れば骨のある一味だ -少数とはいえ これだけ曲者が顔を揃えてくると後々面倒な事になるだろう」と言っていたと考えるよりも-

ルフィ、ロビンのことに加えてウソップ、サンジのことも知っていたからこそ青雉がそう言っていたと考えた方が自然なようにも思えますね。

麦わらの一味の素性を知っていた青雉の意図するところは?

羅針盤イラスト

青雉はゾロの出自に関する情報も掴んでいたのかも…

また、さらに… ウソップ、サンジだけではなく、青雉がゾロの出自に関する情報も掴んでいたという可能性もあるかもしれません。

私達ワンピースファンは、ゾロの出自に関しては、彼が東の海(イーストブルー)のシモツキ村の出身という事くらいしかまだ知りませんが…

■ゾロが「スナッチ」という言葉をなぜか知っていた

■霜月康イエの「霜月」という姓とシモツキ村の「シモツキ」には何らかの関連がありそう

などの謎が解明されていき、ゾロの出自に関することが、これから明かされていくことになると思います。

もしも、ゾロの出自に世界政府を警戒させるような何かがあるのだとしたら…

青雉は、その事も把握していたかもしれませんね。

さすがに青雉がナミの出自に関する情報を掴んでいたということは…

ナミは、赤ん坊の時に3歳のノジコとともに戦場でベルメールに保護されたわけですが(ワンピース9巻 第77話)…

ナミの出自には、ナミ自身もノジコもベルメールも知らなかった何かが隠されているという可能性もあると思います。

しかし、さすがにそれを青雉が知っていたという可能性はまずないだろうと思いますが……どうでしょうかね?

青雉が麦わらの一味の者達の素性を知っていた理由

青雉が麦わらの一味の者達の素性を知っていたのは

■ハグワール・D・サウロの意志をくみニコ・ロビンを逃がした青雉としては、ロビンが身を置いた一味のことが気になり、よく調べてみた

■恩人ガープの孫が率いる一味ということで気になり、よく調べてみた

などの結果と考えられます。

ですが、本当にそれだけだったでしょうか?

青雉は海軍を辞めた後も何らかの意図を持って動いているようで

「海軍に所属しなくても実行できる事はある 所属してねェから見えて来るもんもある…」

と言っていたりしましたが(ワンピース70巻 第699話)…

青雉がしようとしている何かと大きく関わってくる可能性を感じて、この頃から青雉は、恩人ガープの孫ルフィが率いる麦わらの一味に強く関心を持っていたということも考えられそうですね。

【2019年8月17日】

⇒⇒⇒青雉(青キジ)クザン なぜ黒ひげと? ワノ国に来る?はこちらから

⇒⇒⇒ラフテルがlaugh tale(笑い話)だった件はこちらから

⇒⇒⇒ダグラス・バレットの能力 ガシャガシャの実はこちらから

⇒⇒⇒クロコダイルはダグラス・バケットに負けなかった?はこちらから

⇒⇒⇒スタンピードでのボア・ハンコックについてはこちらから

⇒⇒⇒海賊王ロジャーの遺した宝をを狙ったロブ・ルッチはこちらから

続けて『世界政府と海軍26 ドレークは海軍本部・機密特殊部隊SWORD隊長』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ