コビーが海軍本部機密特殊部隊SWORD隊長に?

コビーが海軍本部機密特殊部隊SWORDの隊長に?|ワンピース考察|イメージイラスト・羅針盤

コビーが海軍本部機密特殊部隊SWORD隊長に? 目次

ドレークはもう海軍には戻らない!?

海軍本部機密特殊部隊「SWORD」(ソード)の隊長であるX(ディエス)・ドレークは、花の都でトラファルガー・ローを逃がしたことが発覚し、潜入者とバレてしまった後…

「どうする…!? どこへ逃げる!?」

「もう海軍へは戻れないか…!? -いや それは後回し!!」

「希望ならまだ…!! ある!!!」

と心の声で言った後、ルフィに共闘させてくれと頼んでいました。(ワンピース98巻 第990話)

その後、ドレークはCP-0と戦い…(ワンピース102巻 第1032話)

CP-0の男を剣で突き刺し、その理由を問われると

「おれの…… 正義だ……!!」

と応えていました。(ワンピース 第1042話)

世界政府の諜報機関サイファーポールの中でも最上級機関であり、天竜人直属の組織であるCP-0の者達と「おれの正義」のために戦っていた以上…

やはりドレークは、もう海軍には戻らないのではないでしょうかね?

ドレークの後の海軍本部機密特殊部隊SWORD隊長はコビー?

コビーが海軍本部機密特殊部隊SWORDの隊長に?|ワンピース考察|イメージ・古地図と方位磁石の写真

ドレークが戻らなければ海軍本部機密特殊部隊の隊長はコビーに?

ドレークが予想どおりに海軍本部に戻らなければ、機密特殊部隊「SWORD」が廃止されない限り、誰かがドレークに代わって新しい隊長に就くことになるでしょうが…

新たな隊長になるのはコビーということも十分に考えられるのではないでしょうかね?

コビーが隊長になるのではないかと考える根拠は

■ロッキーポート事件で「市民を守った英雄」として有名になっているなどの実績をコビーは残している

■魚雷攻撃を事前に察知できるほどのものとなっているコビーの見聞色の覇気は機密特殊部隊の任務に役立ちそう

■マリンフォード頂上戦争の際に海軍本部元帥であるサカズキに強烈な印象を残している

などといったものです。

それに… ドレークとコビー以外に機密特殊部隊「SWORD」にどんな者達が所属しているかわかっていませんしね(笑)。

有名になっているコビーは海軍本部機密特殊部隊の隊長にはならない!?

ですが… 機密特殊部隊「SWORD」の隊長だったドレークが自ら百獣海賊団に潜入していたことを考えますと…

機密特殊部隊「SWORD」の隊長は自ら敵組織に潜入できる者でなければならないのかもしれませんね。

もしもそうだとすれば、ロッキーポート事件で「市民を守った英雄」として有名になっているコビーに機密特殊部隊「SWORD」の隊長が任されることはないのではないかとも思えますが…

どうでしょうかね?

【2022年7月24日】

⇒⇒⇒ワンピース103巻SBSまとめ 雷ぞうと福ロクジュの過去はこちらから

⇒⇒⇒ポセイドンとプルトンの件カリブー言うあの人とは?はこちらから

⇒⇒⇒火の傷の男とは?ロードポーネグリフに関わる者?はこちらから

⇒⇒⇒ヤマトはルフィと一緒に海に出る?出ない?はこちらから

⇒⇒⇒シャンクスはバルトロメオの件なければルフィと会った?はこちらから

⇒⇒⇒緑牛はカイドウ・シャンクスと戦い避けルフィの首を?はこちらから

続けて世界政府と海軍104『緑牛と藤虎がサボ達にくま解放され逃げられていた件』ご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ