ヤマトは光月おでんと霜月牛丸達の意志を継ぐ者

ヤマトは光月おでんと霜月牛丸達の意志を継ぐ者|イメージイラスト・羅針盤

ヤマトは光月おでんと霜月牛丸達の意志を継ぐ者 目次

ヤマトが光月おでんの意志を継ぐ者なのは間違いないが…

ヤマト光月おでん意思を継ぐ者の一人であることは間違いありません。

なにしろヤマトは、20年前に光月おでんが処刑されるのを見た事、九里で拾った光月おでんの航海日誌が自分の聖書(バイブル)となっている事などをルフィに話した後で

「赤鞘の侍達も死んだ今…!! 誰かがおでんの意志を継がなくちゃ!!」

「だから僕は この国を開国するんだ!!」

「光月おでんは男だろ!? だから僕は男になった!!」

と言っていましたからね。(ワンピース97巻 第984話)

で… その光月おでんの意志を継ぐ者であるヤマトですが…

彼女(彼?)は光月おでんの意志だけではなく、霜月牛丸達三人のワノ国の大剣豪の意志をも継いでいると言えるのではないでしょうかね?

光月おでんと霜月牛丸達の意志を継ぐ者となったヤマト

ヤマトは光月おでんと霜月牛丸達の意志を継ぐ者|方位磁石と古地図の写真

霜月牛丸達はヤマトに光月おでんの意志を継がせようとしていた!

ヤマトと一緒に洞窟の中に幽閉されていた霜月牛丸らしき侍達三人のワノ国の大剣豪は、ヤマトと一緒に光月おでんが遺した航海日誌を読んだ上で

大剣豪:「ヤマト… おぬしの父上は… 本当に我が子を死なせる気なのか…」

ヤマト:「……」

大剣豪:「ーこれでは おでんの言う20年後の戦いを見届けられんな………」

ヤマト:「ぼくは… その時は「ワノ国」と一緒に戦うよ… 海へ出てもっと… もっと… 強くなって……!!」

大剣豪:「ーそれは心強い… …では拙者達は おぬしをここで”死なせぬ”事で未来の戦に参戦いたそう 20年は拙者達には ちと待てぬ年月ゆえ………!!!」

といったやりとりをヤマトとした後、天の岩戸を破り、外へと出ていきました。(ワンピース 第1024話)

このやりとりの内容からすると、霜月牛丸らしき達三人のワノ国の大剣豪は、ヤマトに光月おでんの意志を継がせようとしていたという事になりますよね!

それはそれで絶対に間違いありません。

では… ヤマトが継いだのは光月おでんの意志だけであって、霜月牛丸達三人のワノ国の大剣豪の意志は継いでいないのかと言うと…

そうではないと思うんですよね。

光月おでんの意志を継ぐ事は霜月牛丸達の意志を継ぐ事でもある!?

霜月牛丸らしき侍達三人のワノ国の大剣豪の登場する回想が終わった後、ヤマトは

「僕にだって信じてくれる人達はいる!! 認めてくれる人達はいる!!!」

「なぜぼくの自由を奪う!!?」

「なぜワノ国の自由を奪う!!?」

とカイドウと戦いながら叫んでいました。(ワンピース 第1024話)

ヤマトが、自分を信じ、認めてくれたワノ国の三人の大剣豪達の信頼を裏切らないようにするためにも…

自分は、ワノ国の自由のために戦わなければならないと思っていることは間違いありませんよね!

ですから、ヤマトが、光月おでんの意志を継ぎ、ワノ国の自由のために戦うことは…

ヤマトを信じ、認めた霜月牛丸らしき侍達三人のワノ国の大剣豪の意志を継ぐことにもなっているのではないかと思います。

【2021年9月7日】

⇒⇒⇒ルフィとカイドウ覇王色の覇気の強さは互角?はこちらから

⇒⇒⇒オロチには奥の手・切り札が残っている?はこちらから

⇒⇒⇒覇王色の覇気の激突で天が割れるのはなぜ?はこちらから


漫画友達|「呪術廻戦」「鬼滅の刃」などの漫画の考察・ネタバレ

※当サイト『ワンピース考察・研究』の管理人が運営する『呪術廻戦』『鬼滅の刃』などの漫画の考察サイト『漫画友達』も是非ご覧ください

続けて作品世界考察『ヤマトは大海を分かつ程の巨大な戦に参戦する?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ