約束を何度も破ったオロチを光月おでんは信じた?

古地図と方位磁石の写真

約束を何度も破ったオロチを光月おでんは信じた? 目次

光月おでんは約束を何度も破ったオロチとまた約束をしていた!

光月おでんは、5年間も裸踊りを続けた後、オロチ、カイドウに約束を反故にされた事に気づき、カイドウを討つつもりになったようでしたが…(ワンピース 第969話)

おでんは、それ以前に既にオロチに何度も約束を破られてきていましたよね?

「康さんの息のかかった男だ」という理由で頼まれるままに何度もおでんはオロチに金を貸し…

一度もその金を返してもらった事がなかったようです。(ワンピース95巻 第963話)

ですから、おでんはオロチが平気で約束を破る男だという事はよ~く知っていったはずなのです。

しかも、オロチは、おでんの父・スキヤキや大名達を騙し、卑劣な策を使って将軍の座に就いてしまった男です。

そんなオロチのことを信じろと言われても普通は信じられませんよね。

ですが、それにも拘わらず、おでんはオロチがちゃんと約束を守ると思ったのでしょうか?

光月おでんは約束を何度も破ったオロチを信じたわけではなかった!?

和風の城のイラスト

光月おでんは何度も約束を破ったオロチではなくカイドウを信じた!?

一度も金を返していないオロチに何度も金を貸してしまっていたくらいですから光月おでんがかなりのお人よしである事は間違いありません。

ですが、おでんがいくらお人よしであっても、オロチが平気で約束を破り、人を騙し、裏切る卑劣な男である事は十分にわかっていたに違いありません。

そして、のさばらせてはおけない悪だとわかったからこそオロチのことを斬ろうとしたわけですしね。

とはいえ、おでんが、そんなオロチとまた約束をしてしまい、5年も裸踊りを続けた事は確かなわけですが…

これは、もしかしたら、おでんがオロチではなくカイドウを信頼したからだったのではないでしょうか?

白ひげ、ロジャーの船に乗ったおでんは、海賊といえば白ひげ、ロジャーのような者達と思い込んでしまっているところがあり…

おでんは、そのために海賊であるカイドウならば約束は守るはずだと思い込んでしまったという事はあり得そうな気がします。

信じられるから約束をしたわけではなく、信じるしかなかった!?

また、光月おでんは別にカイドウやオロチを信じられたから約束をしたわけではなく…

カイドウやオロチが約束を守ると信じる以外に仕方がなかったのから約束をしたとも考えられるかもしれません。

カイドウが白ひげやロジャーとは全く違う海賊である事を白ひげ、ロジャーをよく知るおでんなら一目で見抜けただろうとも思えますし…

オロチがいかに卑劣な男かということもよく知っていたはずですが…

それでも、誰も犠牲にすることなく、全てを守りたかったおでんにはカイドウとオロチが約束を守ることに賭ける以外になかった…

そういう事だったのかもしれませんね。

【2020年2月14日】

⇒⇒⇒ネタバレ972話 おでんがトキと家臣達に開国を託し…はこちらから

続けて作品世界考察『黒炭の過去を知り、おでんはオロチを討つ気なくした?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ