トップ > 麦わらの一味 > 麦わらの一味

麦わらの一味の副船長はゾロ? ジンベエ?

フィギュアーツZERO ONE PIECE 海賊狩りのゾロ 約110mm ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

by Amazon

麦わらの一味の副船長はゾロ? ジンベエ? 目次

ジンベエが麦わらの一味の一員になると副船長格は誰になるの?

ゾロ麦わらの一味副船長格と言われてきましたが、新たに加わったジンベエが今後は副船長格ということになるのでしょうか?

それともジンベエ加入後も麦わらの一味の副船長格はあくまでゾロなのでしょうか?


ジンベエがついにワノ国にやって来ましたね。

既に「VIVRE CARD ONE PIECE図鑑」では「麦わらの一味」の「操舵手」で所属船は「サウザンド・サニー号」となっていたジンベエですが…

ワンピース本編でもワノ国編登場時に改めて

「海賊「麦わらの一味」操舵手 ”海峡のジンベエ” 懸賞金4億3800万ベリー」

と紹介されていました。(ワンピース 第976話)

これで今度こそ間違いなくジンベエが文句なしの麦わらの一味の一員になったと思いますが…

となると… 麦わらの一味の副船長格はジンベエということになるのでしょうか?

それともゾロということになるのでしょうか?

ジンベエが副船長になりゾロは戦闘員に専念!?

ワンピースコレクション 王下七武海VS 【5.ジンベエ】(食玩)

by Amazon

ゾロは副船長格だった!?

麦わらの一味では明確に副船長は誰とは決めてはいませんでしたが…

一応ゾロが副船長格ということになっていましたよね。

それは私達ワンピースファンの間でだけということではなく… おそらくワンピースの舞台となっている世界でもです。

だからこそバルトロメオがドレスローザで「憧れのゾロ先輩」を目の当たりにした時に

「常にルフィ先輩の右腕として一味を支えてきた副船長の呼び声高き(おれの声)海賊!!!」

と心の声で言っていたのでしょうしね。(ワンピース73巻 第723話)

それに… ゾロの

■ウソップが何のケジメもつけずに一味に復帰するのを許すべきではないと意見し、ルフィ達を制した(ワンピース45巻 第438話)

■バーソロミュー・くまに対し、ルフィの首の代わりに自分の身を差し出した(ワンピース50巻 第485話)

といった行動は船長ルフィを支える副船長格らしいものだったとも言えますしね。

ジンベエは元タイヨウの海賊団船長で元王下七武海 ゾロより副船長に相応しい!?

ジンベエはタイヨウの海賊団の二代目船長であり…

元王下七武海です!

世界一の剣豪を目指しているゾロも強さ(戦闘能力)ならジンベエにけっして負けてはいないでしょうが…

ハッキリ言って経歴や格ではジンベエの方がゾロよりも上と判断せざるを得ないでしょう。

となると… ジンベエとゾロのどちらの方が副船長に相応しいかと言ったら…

やはりジンベエということになってきますかね?

情報の重要性を知るジンベエはやはり副船長に相応しい!?

魚人島でルフィの情報力に不安を持ったジンベエが

■赤犬と青雉が対決し、海軍の新元帥はサカズキになった

■四皇の一人と位置づけられるようになった黒ひげ達が能力者狩りに力を入れている

などの情報をせっかくルフィに伝えようとしていたのに…

ルフィがそれをちゃんと聞いていない事に怒って

「ルフィ〰〰!!! 聞いとんのかワレァ!!!」

「貴様 船長じゃろうがィ!!! 情報を身につけろ!!!」

と怒鳴っていたことがありました。(ワンピース66巻 第650話)

船長がルフィのようなマイペースな情報に無頓着な男なだけに…

情報の重要性をよく知るジンベエは、やはり麦わらの一味の副船長に相応しいかもしれませんね。

ジンベエはあくまで操舵手!? そしてゾロは戦闘員!?

とはいえ… これまでずっと特に副船長は誰と決めることなくやってきた麦わらの一味ですから…

ジンベエが一味に加わっても麦わらの一味は今後もこれまでと同様に副船長は誰と決めることなくやっていくんでしょうね!

ジンベエは操舵手、ゾロは戦闘員ということで。

【2020年4月8日】

⇒⇒⇒カイドウの息子 姿・能力・強さを予想はこちらから

⇒⇒⇒飛び六胞のあと4人の能力と強さを推察するはこちらから

⇒⇒⇒ルフィはカイドウ、ビッグ・マム両方と戦うのか?はこちらから

⇒⇒⇒977話確定情報 カイドウには息子がいた!?はこちらから

⇒⇒⇒光月日和が小紫だと知ったらオロチはどうする?はこちらから

⇒⇒⇒麦わらの一味の副船長はゾロ? ジンベエ?はこちらから

続けて麦わらの一味3『サブタイトル「5人目」「6人目」「9人目」はない?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ