トップ > 新旧王下七武海 > バーソロミュー・くま

ボニーを青玉鱗から救う為くまは人格なき兵器に? 

ボニーを青玉鱗から救う為くまは人格なき兵器に?|ワンピース考察|イメージイラスト・羅針盤

ボニーを青玉鱗から救う為くまは人格なき兵器に? 目次

ボニーが青玉鱗という母ジニーの命を奪った病を発病!

週刊少年ジャンプ2023年50号に掲載されたワンピース第1098話では

■革命軍の軍隊長になっていたジニーが攫われたのは、天竜人の妻にするためだった

■難病になったために天竜人から捨てられたジニーが連れ帰った赤ん坊ボニーを亡くなったジニーに代わり、くまが育てた

ボニーもジニーと同じ病気=青玉鱗(せいぎょくりん)を発症してしまった

■7年前、ボニーが5歳だった時に医者は、ボニーは10歳までは生きられないだろうと言っていた

といった事が明らかになりましたね!

7年前に5歳だったわけですから、現在のボニーは12歳だったということになるわけですが…

医者に10歳までは生きられないと言われたボニーが12歳になっても生きていて、なおかつ難病=青玉鱗も治っているようですね!

もしかしたら… ボニーの青玉鱗が治すためにくまは世界政府と取り引きをし、王下七武海の一員となり、人格なき人間兵器になったのではないでしょうか?

ボニーの青玉鱗が治ったのはくまが人格なき兵器になったから?

ボニーを青玉鱗から救う為くまは人格なき兵器に?|ワンピース考察|イメージ・古地図と方位磁石の写真

ボニーの青玉鱗を治す為以外にくまが人格なき兵器になる理由が考えられない!

天竜人の奴隷に子供の頃からされ、父親の命を目の前で天竜人によって奪われ…(ワンピース 第1095話)

さらに天竜人達が行う人間狩りの的にまでされ…(ワンピース 第1096話)

革命軍の一員となり軍隊長にまでなったくまが、なぜ王下七武海の一員になり、さらには人格なき人間兵器になる事まで承諾したのかという事が不思議でしたが…

7年前に5歳だったボニーが難病・青玉鱗になり、10歳までは生きられないと医者に言われていたとなりますと…(ワンピース 第1098話)

くまの七武海入りも人格なき人間兵器になる事を承諾したのも全てボニーの難病を治すためだったのではないかと思えてきます!

政府が本気になれば難病・青玉鱗も治せた!?

難病・青玉鱗になったジニーのことを彼女を強制的に妻にしていた天竜人は捨てたようですが…

もしも、くまが七武海入りと人格なき人間兵器になる事を承諾したのが、ボニーの青玉鱗を治す為だったとしたら…

実は政府が本気になれば、青玉鱗を治すのも可能だったということになりますね!

ボニーの青石鱗を治したのはDr.ベガパンク!?

そして、Dr.ベガパンクは医学にも強いようですから(ワンピース106巻 第1067話)ボニーの青玉鱗を治したのは、Dr.ベガパンクなのかもしれませんね?

もしもそうだとしたら、ボニーは以前にもエッグヘッドにやって来たことがあると言っていましたが…(ワンピース105巻 第1062話)

以前にエッグヘッドに来たのは、青玉鱗を治療するためだったということになるでしょう。

ただ… それにしては、ボニーがベガパンクに全然感謝しているようには見えませんでしたが…

それは青石鱗を治してくれた事への感謝よりも、くまを人格なき兵器に改造した事への怒りの方が勝っていたためだったのかもしれませし…

10歳になれば青石鱗は治っていたとボニーが信じ込んでいたためだったかもしれませんね!?

ボニーが青石鱗をトシトシの実の能力で抑えているとは考えにくい

ボニーは年齢を操作する能力を使い、青石鱗を治すか抑えるかすることができたのであって…

それを可能とするトシトシの実を渡すことを条件に政府は、くまに七武海加入と人格なき人間兵器への改造を承諾させたのではないかとも想いましたが…

トシトシの実の効力が生物に対し永遠の効力を持たない事(ワンピース106巻 第1072話)を考えますと、その可能性は低そうですね!

【2023年11月13日】

⇒⇒⇒ジニー救出にくまもイワンコフも向かわなかった?はこちらから

⇒⇒⇒くまの自我・人格をサターン聖が奪った理由はこちらから

⇒⇒⇒くまはソルベ王国の国王になり暴君の汚名を着せられた?はこちらから

⇒⇒⇒ボニーの父親は天竜人で確定?いったい誰?はこちらから

⇒⇒⇒イムや五老星はサカズキをどう評価している?はこちらから

⇒⇒⇒ボニーが天竜人の子だから政府は必要としていた?はこちらから

⇒⇒⇒ボニーがエッグヘッドに子供の頃(?)に来た理由はこちらから

続けて新旧王下七武海バーソロミュー・くま17『くまが人格を失うまで政府はボニーを人質に?』をご覧ください

ワンピースネタバレ1112話 マーズ聖がパンクレコーズに』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ