968話確定情報 おでんがオロチを斬ろうとする!

950ピース ジグソーパズル ワンピース・クロニクルズ (34x102cm)

968話確定情報 おでんがオロチを斬ろうとする! 目次

ワンピース968話情報

950ピース ジグソーパズル ONE PIECE CHRONICLES IV(34x102cm)

968話情報① ロジャーが見つけた宝の総称=ワンピース

ワンピース968話の情報としてこれまでに収集できたものは以下のようになります。

■ラフテルから帰ったロジャーに何か質問をした後、シャンクスは泣いていた

■ロジャーが海賊王と呼ばれるようになった後、世間の人々はロジャーが見つけた全ての宝を総称し、”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)と呼ぶようになっていた

968話情報② ロジャーは「早すぎたんだ」と語っていた

■最後の島に辿り着き、そこを「ラフテル」と名付けたロジャーは、ラフテルを出て航海中に自分達は早すぎたのだと語っていた

■レイリーと話していて”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)は誰が見つけるのかという話になった時にロジャーは自分の息子だと言っていた

968話情報③ ロジャーが船から降りる

■ロジャーは、船を降り、自らが率いてきたロジャー海賊団から離れた

■おでんはワノ国に帰還した

■ロジャー海賊団は解散した

968話情報④ おでんがオロチを斬ろうとする!

■ワノ国に帰還したおでんは、大名でありながら勝手に国外に出てしまったのにも拘わらず、人気を得ていたが…

それは、トキが人々と共に働き、トキと子供達が九里の人気者になっていたためだった

■カイドウと手を組み、ワノ国を乗っ取り、オロチが好き勝手にしている事、そしてモモの助の命が狙われ、トキがケガを負った事を知ったおでんは、単身、花の都に向かう

■城に乗り込んできたおでんに斬りかかられそうになったオロチは自分を斬ればカイドウが黙ってはおらず、ワノ国がどうなるかと言い、おでんを思い留まらせようとするが…

おでんは止まろうとはしていなかった

ワンピース最新話 考察と予想

最新話 考察と予想① ロジャーはなぜ早すぎたのか?

上記のように968話ではロジャーがレイリーに自分達は「早すぎた」と語っているようです。

この情報が正しければ、このロジャーの言葉は、かつてレイリーがロビンに対して言った

「我々もまた………”オハラ”もまた… 少々… 急ぎすぎたのかもしれん」

という言葉(ワンピース52巻 第507話)とリンクしてきますね。

ロジャー達はラフテルに到達した時期が早すぎた(=機が熟していなかった)ためにロジャーの意志を継ぐ者の登場を待たなければならなくなってしまった…

…そういう意味でロジャー、レイリーは「早すぎた」「急ぎすぎた」と言っていたのではないかと考えられますが…

ただ、不治の病になり余命いくばくもなくなっていたロジャーは急がないわけにはいかなかったわけですかれどもね。

最新話 考察と予想② ワンピースが宝の総称ということは…

968話では世間の人々がロジャーが見つけた全ての宝を”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)と呼ぶようになったと明かされるようですが…

なぜロジャーの見つけた宝の総称が”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)となったのでしょうか?

■何かを一つなぎにする力を持つ宝だから

■宝と宝を一つなぎにした時に何か力が発揮されるから

などの事が考えられますが… その場合、人々は宝がどのようなものなのかを知っていたということになりそうです。

ですが… 実際には世間の人々は、宝がどんなものなのかを知らないように思えますよね。

それにも拘わらずロジャーが見つけた宝の総称が”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)となったのはなぜなのでしょうかね?

【2020年1月16日】

※この記事と関連性が大きい

⇒⇒⇒2人の王と言った海王類 しらほしとルフィのこと?はこちらから

⇒⇒⇒シャンクスがロジャーに質問した後、泣いていた理由はこちらから

⇒⇒⇒ジョイボーイが現れる日とは? 光月おでん謎の言葉はこちらから

⇒⇒⇒オロチをおでんから守ったのはカイドウ? 老婆?はこちらから

⇒⇒⇒金を借り返していた傳ジローが両替屋・狂死郎に?はこちらから


⇒⇒⇒ワンピースの正体を世界政府は知ってるの?はこちらから

⇒⇒⇒シャンクスとバギーがロックスの子という可能性 はこちらから

⇒⇒⇒なぜ世界政府はラフテルにワンピース放置してるの?はこちらから

⇒⇒⇒ワノ国がかつて世界と接していたという意味はこちらから

⇒⇒⇒ジョイボーイが残した宝=ワンピース?はこちらから

続けて『969話確定情報 おでん、5年間我慢をし続けた後…』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ