ゾロは覇王色の覇気を使い世界一の大剣豪に!?

ゾロは覇王色の覇気を使い世界一の大剣豪に!?|ゾロ フィギュア

by Amazon

ゾロは覇王色の覇気を使い世界一の大剣豪に!? 目次

ゾロも覇王色の覇気を持っていたよう

ゾロが繰り出した大技をくらったカイドウが、ゾロが覇王色の覇気を使ったのではないかと思うが…

当のゾロ本人は、覇王色の覇気を自分が使ったなどとは全く思っていないという場面がワンピース第1010話にはあるようです。

ゾロ自身は、自分が覇王色の覇気を持っているとは気付いていなくても、カイドウが、ゾロが覇王色の覇気を使ったのではないかと思ったという描写がある以上は…

おそらくゾロは、覇王色の覇気を無自覚のうちに目覚めさせているのでしょうね!

覇王色の覇気についてレイリーがルフィに説明した時に

「この世で大きく名を上げる様な人物は およそ この力を秘めている事が多い」

と言っていました。(ワンピース61巻 第597話)

ですから、世界一の大剣豪になるはずの男=ゾロが覇王色の覇気を持っていても、それは当然ではないかという気もしますしね!

ゾロに覇王色の覇気があるとなってくると…

ゾロは覇王色の覇気を使い世界一の大剣豪に!?|イメージイラスト・羅針盤

覇王色の覇気を持つゾロこそ麦わらの一味の副船長!

ゾロの麦わらの一味での立場は戦闘員ということになっていて、ハッキリと副船長と決められているわけではありませんが…

これまでは、麦わらの一味の副船長格は、ゾロということに一応なっていましたよね!?

ですが… ゾロよりもずっと年上で、なおかつタイヨウの海賊団の元船長であり、元王下七武海という実績を持つジンベエが麦わらの一味に加わったことで…

ゾロの副船長格の座が危うくなってきたような気もしなくもありません。

ジンベエは操舵手という麦わらの一味の中での明確な役割を持ってはいますが…

副船長が操舵手を兼任してはいけないということは全くないでしょうしね!

しかし… ゾロが覇王色の覇気を持っているとなってきますと、その事は、ジンベエではなくゾロが副船長格であることを納得させられる材料になり得ると思います。

ロジャー海賊団の副船長だったレイリーも覇王色の覇気の使い手でしたしね。

覇王色の覇気がゾロを世界一の大剣豪に近づける!?

ゾロが覇王色の覇気を使えるということになってきますと、その事がゾロを世界一の大剣豪に近づけることになってくるでしょうか?

覇王色の覇気によって雑魚達をいくら気絶させるようになったとしても…

ハイレベルな剣士を覇王色の覇気によって気絶させることはできないでしょう。

ですから、ゾロが覇王色の覇気を使えるようになったからといって、その事が彼を世界一の大剣豪に近づける事はないようにも思えますが…

覇王色の覇気を剣に纏わせ、剣による攻撃の威力を飛躍的に高めることができるとなれば、全く話は違ってきます。

そして、ワンピース第1010話では、あのカイドウが、ゾロが覇王色の覇気によって剣による攻撃の威力を高めたと思ったという描写があるようですから…

覇王色の覇気を使えることが、ゾロを世界一の大剣豪に近づけると考えていいのではないかと思います。

【2021年4月9日】

⇒⇒⇒プロメテウスの頼みとはいったい何なのか?はこちらから

⇒⇒⇒サンジも覇王色の覇気を使えるようになる?はこちらから

⇒⇒⇒覇王色の覇気をルフィが拳に纏えた理由はこちらから

⇒⇒⇒ネタバレ1010話 ルフィが覇王色を攻撃に纏わせるはこちらから

続けて麦わらの一味ナミ1『ナミは人魚の血をひいている?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ