鬼ヶ島をどけろと無茶ぶりされモモの助が焔雲出す?

鬼ヶ島をどけろと無茶ぶりされモモの助が焔雲出す?|ワンピース考察|イメージイラスト・羅針盤

鬼ヶ島をどけろと無茶ぶりされモモの助が焔雲出す? 目次

モモの助がルフィから鬼ヶ島をどけろと無茶ぶりされていた!

週刊少年ジャンプ2022年21・22合併号に掲載されたワンピース第1047話の終盤でルフィはモモの助

「「鬼ヶ島」が邪魔だ!!! どけろォ!!!」

とトンデモない無茶ぶりをしていましたね!

その時、右手の拳を超々巨大にさせ、カイドウに攻撃を繰り出そうとしているルフィを見てヤマトは

「「鬼ヶ島」を撃ち抜く勢い!!!」

と言っていましたから…

もしもモモの助が鬼ヶ島をどける事ができなかったらカイドウに対し繰り出されたルフィの超々巨大な拳によるパンチが鬼ヶ島を直撃し…

鬼ヶ島はたいへんなことになってしまうんでしょうね!

ですが… ルフィが放ったパンチで鬼ヶ島が崩壊してしまい…

ルフィの仲間達やキッドやローや赤鞘の侍達、鬼ヶ島に討ち入った侍・侠客達などなどが命を落としてしまうなんていう展開は絶対にないでしょうから…

ルフィから無茶ぶりをされてしまったモモの助はきっと鬼ヶ島を動かす事に成功するんでしょうね!

モモの助が焔雲を出す!? 鬼ヶ島をどけろとルフィに言われ…

鬼ヶ島をどけろと無茶ぶりされモモの助が焔雲出す?|ワンピース考察|方位磁石と古地図の写真

鬼ヶ島をどけろという無茶ぶりがモモの助の能力を覚醒させる!?

以前に書いた「モモの助が焔雲を作るのは能力が覚醒した時?」と言う記事に

ワンピース第1046話でカイドウがルフィに

「お前の心身が「能力」に追いついた時起きるのが「覚醒」だ」

と言っていましたから、普通に考えればカイドウ自身も能力を覚醒させているという事になると思います。

ですから、カイドウは、動物(ゾオン)系幻獣種 ウオウオの実モデル青龍の能力を覚醒させる事によって鬼ヶ島を空に飛ばすほどの焔雲を作れるようになったのかもしれません。

もしも、そうだとすればウオウオの実モデル青龍の能力者であるカイドウの血統因子を使ってDr.ベガパンクが作った人工悪魔の実を食べたモモの助も…

能力を覚醒させた時に鬼ヶ島を空に飛ばすことができるほどの焔雲を作れることになりそうですね!?

しのぶのジュクジュクの能力によって肉体年齢28歳となったモモの助は、「心身」のうちの「身」の方は既に能力に追いついていて…

だからこそモモの助はカイドウとほぼ同じ大きさの龍になれるようになったのかもしれません。

もしもそうだとすればモモの助が、カイドウの作ったものに匹敵するような焔雲を作れないでいるのは…

「心身」のうちの「心」の方が能力に追いつかず、そのために能力を覚醒できないでいるためということになりますね。

だとしたら… モモの助は、何らかのキッカケで「心」に変化を起こし、「心」が能力に追いつき、能力を覚醒させることになり…

その結果、鬼ヶ島を空に飛ばせるほどの焔雲を作れるようになり、鬼ヶ島落下による大惨事を防ぐようになるのではないでしょうかね!?

と書かせていただいていましたが…

ルフィから「「鬼ヶ島」が邪魔だ!!! どけろォ!!!」という無茶ぶりをされ、鬼ヶ島にいる者達の命運を握らされてしまった事によって…

追い詰められたモモの助の「心」に変化が起こり、モモの助は能力を覚醒させ、焔雲を出せるようになるのではないでしょうかね?

ルフィはモモの助が鬼ヶ島を動かせる事を確信していた!?

見聞色の覇気で少し先の未来を見ることができるルフィは、もしかしたらモモの助が鬼ヶ島を動かすところを見た上でモモの助に「「鬼ヶ島」が邪魔だ!!! どけろォ!!!」と言っていたのかもしれませんし…

そうではなかったとしてもモモの助なら鬼ヶ島を動かす事ができるはずだと本能的に確信していたのかもしれません!?

そうだとしたら、ルフィがモモの助に鬼ヶ島をどけろと頼んだ事は無茶ぶりのようであって…

実は無茶ぶりではなかったのかもしれませんね!?

【2022年4月27日】

⇒⇒⇒スクアードを赤犬が騙したのはセンゴクの指示で?はこちらから

⇒⇒⇒ゴムゴムの猿神銃がカイドウ戦ルフィ最後の一撃?はこちらから

⇒⇒⇒懸賞金2億のウソップは1600万のクロに勝てる?はこちらから

⇒⇒⇒コビーはアルビダに今なら勝てるのか?はこちらから

⇒⇒⇒ワノ国が鎖国しても侍・忍者は世界的に有名?はこちらから

⇒⇒⇒覇王色の覇気纏い攻撃でバリバリのバリアは破れる?はこちらから

⇒⇒⇒ルフィが海賊王になった後も物語はまだまだ続く?はこちらから

⇒⇒⇒クロコダイルがビビ救出でルフィに協力する?はこちらから

続けて作品世界考察『トの康=霜月康イエも実は大剣豪だったのか?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ