おでんはオロチとどんな約束をしていた? 969話考察

古地図と方位磁石の写真

おでんはオロチとどんな約束をしていた? 目次

おでんはオロチに約束を反故にされていた

光月から将軍の座を奪い、ワノ国をメチャクチャにしてしまった黒炭オロチに光月おでんは斬りかかりましたが…

おでんの剣は、バリバリの実の能力者=黒炭せみ丸が作ったバリアによって弾かれてしまい、オロチには届きませんでした。

そして、その後、おでんはオロチと何か約束をしたようで…

都に週に一度やって来て裸踊りをし、僅かな金を貰うという日々を5年も過ごしました。

当然、人々はおでんに失望し、彼のことを「バカ殿」呼ばわりするようになりましたが…

おでんは自分がそんな事を続ける本当の理由を家族や家臣にも話そうとはしませんでした。

ですが… 5年が経った後、九里にやって来たオロチに

「船の方は……!? カイドウと………」

とおでんが言っても

「何の話だ?」

と言われてしまい、おでんは約束を反故にされたと悟っていたようでした。

そして、さらにヒョウ五郎が捕まり、彼の妻と子分が亡き者にされたとオロチから聞かされたことによって…

張りつめてきた糸が切れてしまい、おでんはついにカイドウを討つことを決意したようでした。(ワンピース 第969話

では、おでんはオロチといったいどんな約束をしていたのでしょうか?

第969話でおでんがオロチに反故にされたのはどんな約束?

羅針盤のイラスト

おでんは「船の方は……!? カイドウと………」と言った後、約束を反故にされたと知った

上記のようにおでんは

「船の方は……!? カイドウと………」

と言った後、オロチに「何の話だ?」と言われて約束を反故にされたと悟っていたようですから…(ワンピース 第969話)

おでんの「船の方は」「カイドウと」という言葉が意味するものがわかれば、おでんがオロチとどんな約束をし、それを反故にしていたかを理解できるはずです。

ですから、おでんの「船の方は」「カイドウと」という言葉の意味を推察してみましょう。

オロチが反故にした「船」に関する約束とは?

ワンピース第969話でオロチが反故にしたと思われる「船」に関する約束の候補として現時点で私に考えられるのは

■ワノ国を開国するために必要な船を用意する

■おでんが自由に国外に出るための船を用意する

といったところです。

「世界の全て」を知ったおでんは、20年以上先の未来に何かが起こるまでにワノ国を開国させるつもりでワノ国に帰還したはずです。(ワンピース95巻 第958話 ・ワンピース第967話)

ですから、「バカ殿」と呼ばれる屈辱に耐えながらもワノ国を開国させるための準備を進めておこうとしていたとしても不思議ではないと思うのです。

また、これは的外れな推察になっている可能性も高いとは思いますが…

国外に出るための船を得て、兄弟分の白吉っちゃんやレイリーなどに協力を求めようとしていたという事もあり得なくもないかなと考えたのですが…

それは、やっぱり違っていますかね?

オロチが反故にした「カイドウ」に関する約束とは?

そして、ワンピース第969話でオロチが反故にしたと思われる「カイドウ」に関する約束の候補として現時点で私に考えられるのは

■カイドウと手を組むことをやめる

■カイドウとの取り引きをやめる

といったところです。

そんな約束をオロチがするはずはないと思いますが…

同時にオロチなら、最初から約束を守るつもりなど全く無く

「お前が5年間 毎週 この城の前にきて裸踊りをするのを続けたら カイドウと手を組むのはやめてやる」

「お前が5年間 笑い者になり続け 家族にも家臣にも何も言わないでいれば カイドウとの取り引きはやめてやる」

くらいの口約束をしておいて…

平気で約束を反故にし、おでんが絶望するところを見て楽しんでいたということは考えられそうだと思うのですが…

どうでしょうかね?

【2020年1月28日】

⇒⇒⇒カイドウ弱い? ロジャー・白ひげ・おでんよりもはこちらから

⇒⇒⇒光月おでんはカイドウと既に会っていたのか?はこちらから

⇒⇒⇒「バカ殿」おでんが討つのはオロチでなくカイドウはこちらから

⇒⇒⇒ゲッコー海賊団VS百獣海賊団とリューマ墓荒らし事件はこちらから

⇒⇒⇒バリバリの実の先代・前任の能力者登場の意味はこちらから

続けて作品世界考察『後世に語り継がれる「伝説の一時間」を考える』をご覧ください

ワンピースネタバレ1068話 因縁の邂逅!ルフィとルッチ』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ