天羽々斬=あめのはばきり 天狗山飛徹に預けてある?

地面に刺さった刀のイラスト

天羽々斬(あめのはばきり)をモモの助は持ち歩いていない!?

モモの助が光月おでんから託された名刀=天羽々斬あめのはばきり)は天狗山飛徹が預かっているのではないでしょうか?


ワンピース954話では光月おでんが大刀二刀流の剣士であったこと、そして、その二本の刀のうちの一振り=天羽々斬(あめのはばきり)がモモの助に託されていることが明らかになりました!

しかし… モモの助は、この名刀・天羽々斬(あめのはばきり)を持ち歩いてはおらず、誰か信頼ができる人物に預けているのではないでしょうか?

天羽々斬(あめのはばきり)をモモの助が誰かに預けていると考えた理由

光月おでんは大刀二刀流(だいとうにとうりゅう)の剣士だったというから天羽々斬(あめのはばきり)は大刀に違いないはずです。

ですが、モモの助が腰に差し持ち歩いている刀は、どう見ても「大刀」と呼ばれるような大きな刀ではありませんね。

ですから、モモの助は父・おでんから託された名刀=天羽々斬(あめのはばきり)を誰かに預けているのではないかと考えたわけです。

天羽々斬(あめのはばきり)を預かった天狗山飛徹はモモの助を待っていた?

羅針盤のイラスト

天狗山飛徹が待っていたのは天羽々斬(あめのはばきり)を預けたモモの助!?

天狗山飛徹がルフィに

「-わしは”飛徹” 刀鍛冶だ わしもまた長く人を待っている」

と言っていたことがありましたが…(ワンピース91巻 第912話)

天狗山飛徹が長く待っていた人とは、もしかしたら彼に天羽々斬(あめのはばきり)を預けたモモの助だったということも考えられるかもしれないですね。

もしも、そうだとすれば… 「長く人を待っている」と言っていたくらいですから、天狗山飛徹がモモの助を待ち始めたのは、モモの助たちが二十年の時を超える前からだった可能性が高そうですね。

天羽々斬(あめのはばきり)を打ったのは天狗山飛徹!?

日和はゾロに父・光月おでんから兄・モモの助は天羽々斬(あめのはばきり)を、そして自分は閻魔を託されたことを明かした後、さらに続けて

「いずれもかつてワノ国で名を馳せた名工2人が打った由緒正しい刀です」

と言っていましたが…(ワンピース 第954話)

そのワノ国で名を馳せた名工の1人は天狗山飛徹であり…

天狗山飛徹によって天羽々斬(あめのはばきり)は打たれたのかもしれないですね。

もしも本当に刀鍛冶である天狗山飛徹がモモの助から天羽々斬(あめのはばきり)を預かっているのだとすれば…

それが自分の打った刀であるからというのは当然考えられることですよね。

ルフィが持っていこうとしていたもう一本の刀が天羽々斬(あめのはばきり)だった!?

天狗山飛徹のところからルフィは勝手に(しかも強引に)二代鬼徹を持っていってしまいましたが…

その時に天狗山飛徹がそれを阻止しようとすると

「じゃ お前の刀と交換だ」

と言って天狗山飛徹が持っていたもう一つの刀を持っていこうとしていましたが、この時に天狗山飛徹は

「これもまた名刀だっちゅーに!!」

と言っていました。(ワンピース91巻 第912話)

もしかしたら、天狗山飛徹が、この時に「これもまた名刀だっちゅーに!!」と言っていた刀こそが天羽々斬(あめのはばきり)だったのかもしれないですね。

【2019年9月2日】

⇒⇒⇒ナンバーズの強さは大看板と同等? それ以上?はこちらから

⇒⇒⇒954話登場の鬼ヶ島のナンバーズとは何者?はこちらから

⇒⇒⇒カイドウとビッグ・マムの海賊同盟誕生で世界激震はこちらから

⇒⇒⇒ローを逃がしたのは誰? やはりドレーク?はこちらから

⇒⇒⇒スクラッチメン・アプーはいつカイドウ傘下に?はこちらから

続けて『作品世界考察 日和はモモの助達と決戦前に会わないつもり?』をご覧ください

ワンピースネタバレ1068話 因縁の邂逅!ルフィとルッチ』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ