トップ > 麦わらの一味 > ジンベエ

976話考察 ジンベエがワノ国に来るのが遅れた理由

フィギュアーツZERO ジンベエ (新世界Ver.)

by Amazon

976話考察 ジンベエがワノ国に来るのが遅れた理由 目次

976話でジンベエがワノ国にやって来た

ワンピース976話ではジンベエがついにワノ国にやって来ましたが…

ビッグ・マム達がとっくにワノ国にやって来ていたことからするとジンベエのワノ国到着は随分と遅くなっていましたよね!

だからこそルフィも

「ビッグ・マムが来たのによ!! ジンベエがまだ来てねェんだ!! あいつのお陰でおれ達はビッグ・マムから逃げられたのに!!」

と言って、ワノ国での再会を約束したジンベエがなかなかやって来ないことを心配していたわけですが…(ワンピース95巻 第959話)

何の理由もなくジンベエのワノ国到着が遅れたとは考えられませんよね。

では、ジンベエがワノ国にやって来るのが遅れた理由はいったい何だったのでしょうか?

976話考察 ワノ国到着が遅れた理由はいったい何?

ワンピースコレクション 王下七武海VS 【5.ジンベエ】(食玩)

by Amazon

ジンベエは百獣海賊団と戦う準備をしていた!?

ワノ国に行けば百獣海賊団との戦いが待っているのはわかっていたので、ジンベエはそのための準備をしていてワノ国に来るのが遅れたのかもしれません。

その場合、ジンベエがしていた事として考えられるのは

■ルフィや自分達と一緒に百獣海賊団と戦ってくれる助っ人を呼びに行っていた

■戦いの際に役立つ何か(武器?)を調達していた

などといったところになってくるでしょうか。

ジンベエは白ひげの船にはよく出入りしていたと自分で言っていましたから…(ワンピース54巻 第529話)

白ひげ海賊団の者達のことはよく見知っていたはずです。

ですから、ジンベエが本当に助っ人を呼びに行っていたのだとしたら真っ先に考えられるのは、それが元白ひげ海賊団の者達ということですね。

また、マリンフォード頂上戦争後、ルフィと共にしばらくの間、女ヶ島に滞在していたこともありましたから…(ワンピース59巻 第582話~)

ルフィのためにも一緒に戦おうとボア・ハンコックを迎えに女ヶ島に行っていたということも考えられなくもありませんが…

王家七武海制度の撤廃により、ハンコックを海軍が拿捕しようとしている事(ワンピース95巻 第956話)を考えるとその可能性は低そうですね。

タイヨウの海賊団に何かがありジンベエは事後処理をしていた!?

ルフィ達をビッグ・マムのナワバリから脱出させるためにジンベエと共にタイヨウの海賊団の者達はビッグ・マム海賊団を足止めしようとしていましたが…(ワンピース90巻 第901話~第902話)

いくら魚人達が得意とする海が舞台だったとはいえ、ビッグ・マム海賊団の者達を相手にしてタイヨウの海賊団の者達が無傷でいられたとは考えにくいですよね。

第976話での様子を見る限りでは幸いジンベエは大きなダメージを身体に負うことはなくすんだようですが…

亡くなった者、傷ついた者がタイヨウの海賊団に出たという可能性は非常に高いでしょうから…

亡くなった者の墓を作ったり、傷ついた者を安全に療養できるところまで運んだりといった事をジンベエがしていた可能性はありそうです。

ジンベエは実は一度はビッグ・マム海賊団に囚われていた!?

実はジンベエはビッグ・マム海賊団の者達に囚われてしまっていたが…

■一騎打ちで自分を負かしたルフィのことが気に入ってしまったカタクリ

■サンジに恋してしまったプリン

のどちらかがジンベエを逃がしてくれていた

……などという事も全く考えられなくはありません。

カタクリの力と地位、プリンの人の記憶を思いのままに改竄できるメモメモの実の能力をもってすれば…

ジンベエが囚われの身となっていた場合、逃がすことは十分にできたでしょう。

まあ… そんな可能性はかなり低いとは思いますが。


以上の説のどれかが的中していたとしてもいなかったとしても…

ジンベエがワノ国にやって来るのが遅れたのには何らかの理由は必ずあるはずですが…

その理由は近いうちにジンベエに語られる事になるでしょうかね?

【2020年4月6日】

⇒⇒⇒カイドウの息子 姿・能力・強さを予想はこちらから

⇒⇒⇒飛び六胞のあと4人の能力と強さを推察するはこちらから

⇒⇒⇒ルフィはカイドウ、ビッグ・マム両方と戦うのか?はこちらから

⇒⇒⇒977話確定情報 カイドウには息子がいた!?はこちらから

⇒⇒⇒光月日和が小紫だと知ったらオロチはどうする?はこちらから

⇒⇒⇒麦わらの一味の副船長はゾロ? ジンベエ?はこちらから

続けて麦わらの一味 サウザンドサニー号1『世界を夜明けへ導く者の船に相応しいサウザンドサニー号という名』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ