トップ > 麦わらの一味 > 麦わらの一味

ジンベエが最後の仲間?麦わらの一味の最終人数は?

フィギュアーツZERO ジンベエ (新世界Ver.)

by Amazon

ジンベエが最後の仲間?麦わらの一味の最終人数は? 目次

ジンベエが最後の仲間で麦わらの一味の最終人数はルフィ含め10人?

ジンベエは『VIVRE CARD ONE PIECE図鑑』では既に麦わらの一味の操舵手ということになっていました。

そして、ホールケーキアイランド編の終盤、サウザンドサニー号から降りようとしているジンベエに対しルフィは

「お前の船長は もうおれだぞ!!!」

と言っていました。(ワンピース90巻 第901話)

ですから、既にジンベエは麦わらの一味の一員になっていたと考えてよいと思うのですが…

そのジンベエが、どうやらワンピース第976話でワノ国にやって来てルフィ達の前に姿を現すようですが…

ジンベエが麦わらの一味入りする最後の仲間となるのでしょうかね?

一味の最終人数はルフィ含め10人!? 最後の仲間がジンベエ!?

ワンピースコレクション 王下七武海VS 【5.ジンベエ】(食玩)

by Amazon

VIVRE CARDの番号からは麦わらの一味の最終人数は10人と考えられる!?

ワンピースファンにはよく知られている事ですが、『VIVRE CARD ONE PIECE図鑑』の番号から

■麦わらの一味は最終人数がルフィを含め10人になる

■麦わらの一味に加わる仲間はジンベエで最後になる

と考えられていますね。

なぜならば、『VIVRE CARD ONE PIECE図鑑』でキャラクターごとにふられている番号が

■0001 モンキー・D・ルフィ(ルフィ太郎)

■0002 ロロノア・ゾロ(ゾロ十郎)

■0003 ナミ

■0004 ウソップ

■0005 サンジ

■0006 トニートニー・チョッパー

■0007 ニコ・ロビン

■0008 フランキー

■0009 ブルック

■0010 ジンベエ

■0011 ゴーイング・メリー号

■0012 サウザンド・サニー号

■0013 ネフェルタリ・ビビ

■0014 ゴール・D・ロジャー

となっていていて…

0001のルフィから0010までが麦わらの一味のメンバー達、0012、0013のメリー号、サニー号という船も麦わらの一味の仲間であり…

0013のビビは「元麦わらの一味」とも「麦わらの一味の名誉メンバー」とも言うべき存在ですから…

0001から0013までの番号が「麦わらの一味」の者達の番号と考えることができるからです。

で… その「麦わらの一味」の番号が全て埋まり、0014からの番号をふられた者は麦わらの一味以外の者の番号となるとすれば…

ジンベエ以降、新たに麦わらの一味に仲間として加わる者はもう出てこないということになりそうですからね。

ジンベエが最後の仲間? もう誰も麦わらの一味入りはしない!?

『VIVRE CARD ONE PIECE図鑑』の番号を根拠とした上記の推察が正しければジンベエ以降、麦わらの一味入りする者はもう出てこないということになりますが…

本当にそうなのでしょうか?

ジンベエ以降、麦わらの一味入りする者はいないと予想されている一方で、ジンベエ以降も麦わらの一味に

■キャロット(ホールケーキアイランド編から既に実質的に麦わらの一味の一員!?)

■お玉(妖艶な「くの一」になったら一緒に海に連れて行ってやるというエースがしていた約束(?)を代わりにルフィがはたす!?)

などが入るのではないかとも予想されていますよね。

キャロットは麦わらの一味の者達にすっかり馴染んでいますし…

エースが約束(?)をしていた事がお玉が麦わらの一味の仲間になる伏線になっていたとも考えられなくもありません。

ですから…『VIVRE CARD ONE PIECE図鑑』の番号を根拠にしたジンベエ以降、麦わらの一味入りする者はもう出てこないという予想がはずれる事もあり得るのではないでしょうか?

となりますと… 麦わらのの一味の最終人数はジンベエが最後の仲間という予想が当たった場合はルフィを含め10人…

そして、その予想がはずれた場合には10+α人となりますね!

【2020年4月4日】

⇒⇒⇒カイドウの息子 姿・能力・強さを予想はこちらから

⇒⇒⇒飛び六胞のあと4人の能力と強さを推察するはこちらから

⇒⇒⇒ルフィはカイドウ、ビッグ・マム両方と戦うのか?はこちらから

⇒⇒⇒977話確定情報 カイドウには息子がいた!?はこちらから

⇒⇒⇒光月日和が小紫だと知ったらオロチはどうする?はこちらから

続けて麦わらの一味2『麦わらの一味の副船長はゾロ? ジンベエ?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ