ガープはエースとルフィをなぜ海兵にしたかった?

ガープCD

by Rakuten

ガープはエースとルフィをなぜ海兵にしたかったのか? 目次

エースとルフィを海兵にしようとしていたガープ

ガープはウォーターセブンでルフィに会った際、自分が子供時代のルフィを厳しく鍛えたのは、ルフィを強い男にする為だったと話した後…

「わしは お前を強い海兵にする為に鍛えてやったんじゃぞ!!!」

と言っていました。(ワンピース45巻 第432話)

また、ガープはインペルダウンに囚われているエースに会いに行った時には

「お前とルフィにゃあ立派な海兵になって貰いたかったがのう 海兵どころか大変なゴロツキになりおって………!!」

と言っていました。(ワンピース54巻 第525話)

自らもDの名を持つガープが、Dの名を持つエースやルフィを海兵にしたいと思っていたのは、いったいなぜだったのでしょうか?

ガープはエースとルフィがDの名を持つ者だから海兵にしたかった!?

エース肖像画

by Rakuten

シンプルに考えれば「海兵=正義」「海賊=悪」と考えているからとなりそうだが…

シンプル(単純)に考えれば、ガープは

■海兵=正義

■海賊=悪

と考えていて…

敵でありながら自分のことを仲間ほどに信頼していたロジャーから託されてしまったエースと自分の孫ルフィを海兵にしたかったということになるでしょう。

また、エースやルフィが海賊となり、自分の敵になってしまったら戦わざるを得なくなってしまうので…

ほうっておけば海賊になってしまいそうなエースやルフィをなんとか海兵にさせたかったということもあるかもしれません。

以上の超シンプル(単純極まりない)考え方もけっして間違ってはいないと思うのですが…

ガープがエースとルフィのことを海兵にしたかった理由は、それだけではないような気がするんですよね。

海兵だが天竜人を守ろうと思っておらずドラゴンと連絡をとっているガープ

センゴクは、ガープは海兵ではあっても「天竜人を守るのは海兵の義務」とは考えてはおらず…

ガープが大将の座を拒み続ける理由の一つは、大将になってしまうと天竜人の直接の部下になってしまうからだと語っていました。(ワンピース95巻 第957話)

だからこそ、ガープは海兵でありながら平気で天竜人のことを「ゴミクズ」呼ばわりできたり…(ワンピース90巻 第905話)

革命軍総司令官となったドラゴン(ガープにとって実の息子? 娘婿?)と連絡をとったりしているのでしょう。(ワンピース45巻 第432話)

そんなガープですから… Dの名を持つエースやルフィを神(天竜人)の天敵(ワンピース77巻 第764話)にさせたくないために海兵にしようとしたという事は考えにくいでしょうが…

ロジャーから託されたエースや孫ルフィに嵐を呼ばせずに生きさせるために海兵にしたかったということは考えられるのではないでしょうか?

ガープはDの名を持つエースとルフィに嵐を呼ばせたくなかった!?

「”D”はまた必ず嵐を呼ぶ」と言われているようですが…(ワンピース77巻 第764話)

実際にDの名を持つ者達の多くは波乱を呼び、平穏には生きていません。

エースもルフィもほうっておけば嵐を呼ぶような生き方をして、結果、その命を散らしていってしまうことが予想できたガープは…

海兵にさせることによってエースとルフィが嵐を呼ぶことを回避させたかったということも考えられそうです。

そうだとすれば、もしもエースとルフィがDの名を持つ者でなかったら…

ガープは、エースとルフィを海兵にしようとは特にしなかったのかもしれませんが…

どうでしょうかね?

【2020年5月1日】

⇒⇒⇒光月おでんが白ひげに助けを求めなかった理由はこちらから

⇒⇒⇒丑三つ小僧は傳ジロー=狂死郎だけでなかった?はこちらから

⇒⇒⇒プリンの第三の目の開眼が麦わらの一味に何かをもたらすはこちらから

⇒⇒⇒マリージョアの国宝は古代兵器ウラヌスではない?はこちらから

⇒⇒⇒ロジャーの「おれ達は…早すぎたんだ」という言葉の意味はこちらから

⇒⇒⇒黒ひげが眠らないのはケルベロスだからではない?はこちらから

⇒⇒⇒ラッキー・ルウとヤソップの懸賞金はキング以上?はこちらから

⇒⇒⇒カイドウの家族問題とは? 息子が問題児?はこちらから

⇒⇒⇒ドレーク海賊団は海軍機密特殊部隊SWORD?はこちらから

続けてDの意志17『モモの助、日和、赤鞘の侍達はDの意志を継ぐ者?』をご覧ください

ワンピースネタバレ1115話 海面は200m上昇していた!』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ