バギーには本人も海軍も知らない出生の秘密がある!?

バギーには本人も海軍も知らない出生の秘密がある!?|羅針盤のイラスト

バギーには本人も海軍も知らない出生の秘密がある!? 目次

シャンクスとバギーには出生の秘密がある!?

ロジャーの船に光月おでん一家が乗り込んだばかりの頃、ロジャーが日和を、レイリーがモモの助を抱きながら

ロジャー:「赤ん坊なんて久しぶりだな!! モモの助に日和か!!」

レイリー:「昔を思い出すな」

と言っていました。(ワンピース96巻 第966話)

ですから、ロジャーの船に以前にも赤ん坊がいたことがあったのだと思いますが…

その赤ん坊とは、おそらくシャンクスとバギーなのではないかと思います。

そして、シャンクスとバギーには出生の秘密が隠されている可能性が非常に高いのではないかと思いますが…

シャンクスが自らの出生の秘密を知っているのに対しバギーは自らの出生の秘密を知らないのではないでしょうかね?

そして… 海軍本部の一部の者はシャンクスの出生の秘密を知っているのかもしれませんが…

バギーの出生の秘密は海軍本部の誰も知らないのかもしれません。

バギーの出生の秘密は本人も海軍の誰も知らない!?

バギーには本人も海軍も知らない出生の秘密がある!?|イメージ・古地図と方位磁石の写真

シャンクスとバギーは天竜人の子かもしれないしロックスの子かもしれない

シャンクスとバギーは39歳ですが、彼らが赤ん坊だった38年前にロックス海賊団が、現在は存在しない島=ゴッドバレーで壊滅するという大事件が起き…

この時、ロジャーはガープと手を組み、ロックス海賊団を打ち破っています。(ワンピース95巻 第957話)

もしもシャンクスとバギーが、この時、ゴッドバレーでロジャーによって保護された赤ん坊だったのだとしたら、シャンクスとバギーには

■天竜人の子

■ロックスの子

■天竜人の奴隷の子

■ロックス海賊団の誰かの子

といった可能性があることになりますね。

(※シャンクスは西の海(ウエストブルー)の出身ということになっていますが…

実はこれは真実ではないのかもしれません)

バギーは自分の出生の秘密を知らない!?

シャンクスはラフテルから帰ったロジャーに何か質問をし、その後で泣いていたことがありますが…(ワンピース96巻 第968話)

もしかしたら、この時にシャンクスは自らの出生の秘密についてロジャーに尋ね、衝撃的な事実を知り、泣いていたのかもしれません。

また、シャンクスがマリージョアを訪れ、五老星と会うことができていたのは(ワンピース96巻 第907話)

シャンクス本人も五老星もシャンクスが天竜人の子であることを知っているからなのではないかとも考えられます。

ですから、シャンクスは自分の出生の秘密を知っている可能性がかなり高いのではないかと想えますが…

それとは対照的にバギーには自分の出生の秘密を知っているのではないかと思わせるようなところが描かれたことは一度もなかったと思います。

ですから、バギーは、自分の出生の秘密を全く知らないのではないでしょうかね!?

バギーの出生の秘密を知る者は海軍本部にもいない!?

インペルダウンからの大脱獄事件が起きるまでは海軍本部はバギーのことを「名もない一海賊」と甘く見ていましたが…

大脱獄事件の主犯と見做したバギーの資料を調べ直し…

■海賊王ゴールド・ロジャーの船の元船員(クルー)

■四皇・赤髪のシャンクスの兄弟分

ということに気づき…(ワンピース56巻 第549話)

マリンフォード頂上戦争後にバギーを王下七武海に勧誘しています。

もしも、バギーに重大な出生の秘密があり、そのことを海軍本部が把握していたとしたら…

バギーのことを「名もない一海賊」と甘く見てインペルダウンに入れておくことはなかったでしょう。

ですから、このことからもバギーに驚くべき出生の秘密があったとしても、そのことを海軍本部は把握していないものと思われます。

もっとも… ゴッドバレーでロジャーと手を組み、ロックス海賊団を壊滅させたガープだけは、もしかしたらバギーの出生の秘密を知っているのかもしれませんが!?

【2021年12月11日】

⇒⇒⇒カイドウが世界政府の艦を撃破し、ワノ国を救う?はこちらから

⇒⇒⇒麦わら大船団引き起こす一大事件は最も巨大な戦い?はこちらから

⇒⇒⇒カイドウはガープと戦ったことがないのか?はこちらから


漫画友達|「呪術廻戦」「鬼滅の刃」などの漫画の考察・ネタバレ

※当サイト『ワンピース考察・研究』の管理人が運営する『呪術廻戦』『鬼滅の刃』などの漫画の考察サイト『漫画友達』も是非ご覧ください

続けて新旧王下七武海バギー5『バギーが四皇になってしまった理由は?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ