ルナーリア族がいたと政府にチクれば一億ベリー!?

ルナーリア族がいたと政府にチクれば一億ベリー!?|イメージイラスト・羅針盤

ルナーリア族がいたと政府にチクれば一億ベリー!? 目次

ルナーリア族がいたと世界政府に知らせれば一億ベリーになるらしい

ワンピース第1035話ではルナーリア族がいたと世界政府に知らせれば、それだけで一億ベリーになることがわかるようですが…

それが本当だとしたら、世界政府はなぜそこまでしてルナーリア族の生き残りを見つけようとしているのでしょうか?

いくつかの説を立ながら考えていってみたいと思います。

世界政府がルナーリア族の生き残りを見つけようとする理由

ルナーリア族がいたと政府にチクれば一億ベリー!?|イメージ・古地図と方位磁石の写真

世界政府がルナーリア族を見つけたい理由① 生命力の解明のため

ゾロと戦っているキングのことをクイーンは

「あいつは絶滅したハズの「ルナーリア族」の生き残り!! 自然界のあらゆる環境下で生存できる怪物」

と言っていました。(ワンピース 第1033話)

そして、ワンピース第1035話では、若き日のキングが、世界政府の研究施設に囚われて耐久実験などをされていたことが明らかになるようです。

ルナーリア族の生き残りであるキングを捕らえた世界政府が、研究施設で彼を耐久実験にかけていたことがあったとなりますと…

世界政府はルナーリア族の驚異的な生命力の秘密を解明するために生体実験の素材となるルナーリア族の生き残りを欲しているのではないかと考えたくなりますね!

世界政府が通報者に一億ベリーを出してまでルナーリア族を見つけたいのは、そのためなのかもしれません。

世界政府がルナーリア族を見つけたい理由② 復讐を恐れている

大昔に「神」と呼ばれていたルナーリア族が住む「神の国」は、赤い土の大陸(レッドライン)の上にあったようですから…(ワンピース 第1023話)

天竜人の先祖達が、ルナーリア族が住む「神の国」を滅ぼし、「神の国」のあった場所にマリージョアを築いたという可能性が非常に高そうです。

ですから、天竜人と世界政府は、天竜人の先祖達がほぼ絶滅させたルナーリア族の生き残りの復讐を警戒しているのかもしれません。

そして、復讐の芽を摘んでしまうために通報者に一億ベリーを出してまで世界政府はルナーリア族の生き残りを見つけようとしているのかもしれませんね!?

世界政府がルナーリア族を見つけたい理由③ 復讐の芽を摘み、生命力も解明するため

上記の二つの説は、どちらも的外れなものではないだろうと思います。そして、実はどちらの説も的を射ていて…

世界政府が通報者に一億ベリーを出してまでルナーリア族の生き残りを見つけようとしているのは、復讐の芽を摘むためでもあり…

ルナーリア族の驚異的な生命力の秘密を解明したいからでもあるということも十分に考えられるのではないかと思います。

【2021年12月19日】

⇒⇒⇒カイドウが世界政府の艦を撃破し、ワノ国を救う?はこちらから

⇒⇒⇒麦わら大船団引き起こす一大事件は最も巨大な戦い?はこちらから

⇒⇒⇒カイドウはガープと戦ったことがないのか?はこちらから


漫画友達|「呪術廻戦」「鬼滅の刃」などの漫画の考察・ネタバレ

※当サイト『ワンピース考察・研究』の管理人が運営する『呪術廻戦』『鬼滅の刃』などの漫画の考察サイト『漫画友達』も是非ご覧ください

続けて世界政府と海軍68『イムがワノ国を世界政府の支配下にすると決めた!?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ