五老星がコブラを警戒 ネフェルタリ家は裏切り者?

五老星がコブラを警戒 ネフェルタリ家は裏切り者?|ワンピース考察用フォト1 チョッパー-フィギュア1

五老星はネフェルタリ家を裏切者と言い、コブラを警戒している

五老星達が世界会議(レヴェリー)が始まった日に

「期間中 アラバスタの王コブラも我々に面会を求めている」

ネフェルタリ家は800年前 唯一 下界に残った”最初の20人”の血族…!!」

「-言わば裏切り者だ……」

「何かに気づいたか………? 話が抉れぬ事を祈ろう」

と話していました。(ワンピース90巻 第908話)

これによって

■五老星が、自分達に面会を求めてきたアラバスタ国王ネフェルタリ・コブラを警戒している

■五老星がネフェリタリ家のことを裏切り者だと思っている

ということがわかったわけですが…

それはいったいなぜなのでしょうか?

五老星は気づかれたくない事にコブラが気づいた可能性があると思っている

五老星の一人が「何かに気づいたか………? 話が抉れぬ事を祈ろう」と言っていたわけですから…

彼らが気づかれたくない事にコブラが気づいてしまった可能性があると思っている事は間違いありません。

そして、当のコブラは、世界会議(レヴェリー)に向かう船の上でチャカとの間で

「ニコ・ロビンに会ったあの日からずっと… 世界政府に問うてみたい事があった…」(コブラ)

「”歴史の本文”(ポーネグリフ)の事ですか?」(チャカ)

「うむ 今回の「世界会議」(レヴェリー)には是が非でも出席する!! あわよくば知りたい… その昔 ネフェルタリ家の王はー 世界に何をしたのか…!?」

といったやりとりをしていました。(ワンピース82巻 第823話)

五老星が隠しておきたいネフェルタリ家の秘密にコブラは…

五老星がコブラを警戒 ネフェルタリ家は裏切り者?|ワンピース考察用フォト2 チョッパー-フィギュア2

五老星はコブラが「その昔、ネフェルタリ家の王が世界に何をしたのか」に気づいたかもしれないと思っている!?

コブラは、その昔、ネフェルタリ家の王が世界に何をしたのかを知りたいと思っていて、それを五老星に問いたいと思っているようですが…

その一方で五老星の方は、コブラが、その昔、ネフェルタリ家の王が世界に何をしたのかに気づいたのかもしれないと思っている……そういうことのようですね!

では、その昔、ネフェルタリ家の王は、いったい世界に何をしたのでしょうか?

五老星が裏切り者と思っているネフェルタリ家の者は世界に何をした?

そのことを考えるための材料になるのは

■その昔、世界に何かをしたというネフェルタリ家の王は、世界を作った20人の王の中で唯一、世界貴族=天竜人とならずに下界に残った(ワンピース90巻 第908話)

■アラバスタの王家=ネフェルタリ家は代々歴史の本文(ポーネグリフ)を守ってきた

ということです。(ワンピース22巻 第202話)

改めて言うまでもないことですが、歴史の本文(ポーネグリフ)は、世界政府を作った20人の王達に敗れた巨大の王国の者達が遺したものです。

それにもかかわらず、20人の王の一人であったネフェルタリ家の王、そして、その子孫達が、歴史の本文(ポーネグリフ)を守ってきたのは不可解なことですが…

そのへんのところが五老星がネフェリタリ家のことを裏切り者だと思っている理由、そして、五老星がコブラを警戒する理由に繋がっているのでしょうね。

イムと五老星 ビビとコブラ ネフェルタリの秘密がリンクする!?

表向きは世界最高の権力者ということになっている五老星よりも更に上の立場にいる謎の人物イムが、ビビの写真を持っていました。

そして、ルフィ、黒ひげ、しらほしの写真を切り裂いたり、剣を突き刺したりしていたイムがビビの写真を持っていた事、そして、五老星達に

「歴史より消すべき”灯”がまたお決まりでしょうか? 然らば その者の名を!!」

と言われていた事を掛け合わせて考えると-

■イムはネフェルタリ家の血をひくビビのことを「消すべき”灯”」候補にしていた

■イムはネフェルタリ家の血をひくビビを「消すべき”灯”」に選んだ

■イムにとってネフェルタリ家の血をひくビビは特別な意味を持つ存在

のどれかなのではないかと考えられます。

その事も、五郎星がネフェルタリ家を裏切者と思い、ビビの父=コブラを警戒している事と繋がってきそうですね。

【2019年6月15日】

⇒⇒⇒イムがルフィ・しらほし・ビビ・黒ひげを消す理由は古代兵器?はこちらからどうぞ

続けて『世界政府と海軍22 五老星の「一度大きく掃除する必要がある」とは?』をご覧ください

ワンピースネタバレ1068話 因縁の邂逅!ルフィとルッチ』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ