新型パシフィスタ=セラフィムは七武海やキングより強い?

新型パシフィスタ=セラフィムは七武海やキングより強い?|ワンピース考察|イメージイラスト・羅針盤

新型パシフィスタ=セラフィムは七武海やキングより強い? 目次

新型パシフィスタ=セラフィムはルナーリア族の特徴を持っていた

ワンピース第1059話に登場した2体の新型パシフィスタセラフィムは白い髪、褐色の肌、黒い翼、背中の炎といったルナーリア族の特徴を持ち…

1体はミホークの子供の頃に、そしてもう1体はハンコックの子供の頃にそっくりな姿をしていましたから…

おそらくDr.ベガパンクは新型パシフィスタを作り出す(生み出す)にあたってルナーリア族の血統因子と強者達の血統因子を使ったものと思われます。

ルナーリア族の血統因子に関しては、かつて後に百獣海賊団の大看板キングとなるアルベルが世界政府の研究施設に捕らえられていたことがありましたから…(ワンピース102巻 第1035話)

この頃に採取されていたアルベル=キングのものが使われた可能性が非常に高いと思いますが…

そのままキングのクローンを作って新型パシフィスタ=セラフィムとするのではなく…

ミホークやハンコックなどの強者の血統因子も使って新型パシフィスタ=セラフィムが作り出されたのは…

キングのクローンをそのまま新型パシフィスタ=セラフィムにするよりもその方が強くなるからだったのでしょうかね?

そうだとすれば、新型パシフィスタ=セラフィムはキングよりは確実に強いということになるでしょうが…

七武海の子供の頃にそっくりな姿をした新型パシフィスタ=セラフィムはルナーリア族の特性を持った分だけオリジナルの七武海より強いということになるのでしょうか?


※子供の頃の七武海達の姿がワンピース63巻・80ページのSBSに描かれています

新型パシフィスタ=セラフィムの強さ 七武海やキングより上?

新型パシフィスタ=セラフィムは七武海やキングより強い?|ワンピース考察|イメージ・古地図と方位磁石の写真

新型パシフィスタ=セラフィムの強さがオリジナルの七武海より上とは限らない!?

上記のような理由で新型パシフィスタ=セラフィムの強さがキング以上である可能性は非常に高いと思います。

七武海など他の強者の血統因子も使って新型パシフィスタ=セラフィムを作り出すよりもキングのクローンをそのまま作った方が強いのならば…

Dr.ベガパンクがわざわざ七武海など他の強者の血統因子も使って新型パシフィスタ=セラフィムを作り出すことはなかったでしょうからね!

ですが… ハンコックの子供の頃にそっくりな姿をした新型パシフィスタ=セラフィムはオリジナルのハンコックと違ってメロメロの能力は使えない可能性が高そうですし…

ミホークの子供の頃にそっくりな姿をした新型パシフィスタ=セラフィムはオリジナルのミホークほどの剣技は使えない可能性が高そうに思えます。

ですから… 新型パシフィスタ=セラフィムが、いかにルナーリア族の特性を有しているからといって…

その血統因子を使用した七武海などの強者のオリジナルより強いとは限らないと思います。

新型パシフィスタ=セラフィムがなかなか登場しなかったのは…

世界会議(レヴェリー)が始まる前にマリージョアで緑牛アラマキから

「長旅だったね どうだったベガパンクのおっさんは」

と訊かれると藤虎イッショウは

「-えェ見えやしねェんですが すげェモンが完成してやした」

「”王下七武海”はもう要らねェ………!!!」

と応えていましたが…(ワンピース90巻 第905話)

この藤虎イッショウが言っていた「すげェモン」が新型パシフィスタ=セラフィムであることは間違いないでしょう。

で… 藤虎イッショウがこんなふうに言っていた時から新型パシフィスタ=セラフィムが登場するまで時間がかかったのは、もちろんワノ国編にはセラフィムが登場しなかったからでもありますが…

尾田栄一郎先生がゾロとキングの戦いを通じて私達にルナーリア族のことを教えた後に新型パシフィスタ=セラフィムを登場させることにしたからでもあるんでしょうね!

【2022年9月18日】

⇒⇒⇒Dr.ベガパンクはルフィ達の味方か?敵か?はこちらから

⇒⇒⇒Dr.ベガパンクが若い女?おっさんと呼ばれてたのにはこちらから

⇒⇒⇒イムのウラヌス使用を五老星が事前に知っていた件はこちらから

⇒⇒⇒プルトン対ウラヌス 古代兵器二つが激突する?はこちらから

⇒⇒⇒イムは8ゕ国革命の国々を次々に殲滅していくのか?はこちらから

続けて世界政府と海軍113『イムは8ゕ国革命の国々を次々に殲滅していくのか?』をご覧ください

ワンピースネタバレ1068話 因縁の邂逅!ルフィとルッチ』はこちらから

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

このページのトップへ

トップページへ