924話確定情報 ルフィが入れられた牢にキッドが!

950ピース ジグソーパズル ONE PIECE CHRONICLES IV(34x102cm)

ワンピース924話確定情報 概要

ワンピース924話の概要は

●トラファルガー・ローがルフィを連れて逃げようとするが、バジル・ホーキンスに海楼石の釘を打ち込まれ、能力を封じられてしまう

●海楼石は実はワノ国製で、小さく加工できる技術はワノ国にしかないとホーキンスが話したことによって判明

●カイドウは、心をへし折ればルフィがいい戦力になると考え、部下にルフィを牢に入れておくように命じるが……部下達は泡を吹き意識を失ってしまう

●酒天丸は、覇王色の覇気でカイドウの部下達を気絶させたルフィを見て「今のは おでん様の術」と思う

●キッドも覇王色の覇気を使うため、「何人もいらねえんだよ… 覇王なんて」と言っていたカイドウは、龍の姿に戻り、酒を飲みなおすために飛び去ってしまう

●ルフィを連れて逃げ去ることはできなかったローだったが、なんとか一人で逃げ出すことには成功

●おこぼれ町で怪我人の手当てをするお鶴のことを陰から見ていた錦えもんは酒天丸のことを見て「アシュラ童子!!」と驚く

●お菊は、おでん城跡で大きな縦穴を見つけるが、その中にはナミやサンジ達がいた

●くの一しのぶは、触れた者を熟れさせる能力者で、その能力で地面に縦穴を作り、おでん城跡にいた者達を危機から救っていた

●血を流して倒れていたお玉は、なんとか息があり、イヌアラシに見つけられていた

●フランキー、ニコ・ロビン、ウソップは、ワノ国中に配られた瓦版の号外を見て驚く(それぞれなんともスゴい表情をしながら)

●翌日、侍達が奴隷のように働かされている工場があるワノ国・兎丼(うどん)に連れてこられたルフィは牢に入れられるが……そこにはユースタス・キッドがいた!

そして、ルフィとキッドが

「覚えてろ…カイドウ…!!!」

「ん? あ…お前……」

とハモったところで舞台の幕が降りワノ国第一幕が完・924話は終了

といったものです。

このワンピース924話について考えていきましょう。

牢に入れられたルフィ そこにはキッドの姿があった!

◆ワンピース ジグソーパズル 950ピース◆ONE PIECE CHRONICLES

ワンピース924話の重要ポイント

ワンピース924話の重要ポイントは

■ナミ、サンジなどの「おでん城跡」にいた者が無事だったと判明した

■そして、お玉も死んではいなかったと判明

■ルフィが牢に入れられてしまったが、そこにユースタス・キッドの姿があった

といったところですね!

ワンピース924話で予想は次々的中!

924話で上記のように「おでん城跡」にいた者達が無事だったこと、お玉が死んではいなかったこと、ルフィが牢に入れられ、そこにユースタス・キッドがいる事が明らかになったわけですが…

これらの事を予想していたワンピースファンは多かったと思います。

ですから、特に自慢にもなりませんが、当サイトでもこれらの事を予想し、記事を書かせていただいてきました。

でも、問題はここからですよね!

死んではいなかったお玉が、これからのカイドウ達との大きな戦いの中でどのような役割を果たしていくようになるのか?

そして、牢の中でルフィとキッドが再会した事が、これから、どのようにワノ国編の物語を動かしていくようになるのか?

大いに期待したいです!

ワンピース924話情報の中で気になった事

924話の中で私が少し気になったのは、バジル・ホーキンスの行動です!

924話でのトラファルガー・ローの行動を阻止しようとするホーキンスの動きを見ていると、彼が完全にカイドウの部下になりきってしまったように思えてこないこともないですよね。

ホーキンスは、やむを得ずに現在はカイドウの部下になっていても、機を見てカイドウに敵対するのではないかと思っていましたが……

カイドウの圧倒的な強さを目の当たりにした事によってホーキンスは、カイドウに立ち向かう気持ちを完全になくしてしまったのでしょうかね?

それとも、そんな事はなく、924話の中でローの行動を阻止しようとしたのは、ホーキンスが現在はまだカイドウに立ち向かう機が熟していないと判断していたためだったのでしょうか?

ワノ国編の物語が、これからどう展開していくのか目が離せません!

『総督だったカイドウ! 実は誰かに操られている!?』を続けてご覧ください。

【2018年11月12日】

続けて『ONE PIECE展開予想 「ワノ国 第一幕完」の次は第二幕? 世界会議編?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ