ワノ国の中での悪魔の実について考える

 onepiece ワンピース 悪魔の実 模型 グッズ ヒト人の実大仏

「悪魔の実」という言葉はワノ国では使われていない

ワノ国には悪魔の実の能力者はかなりいるようですが、「悪魔の実」という言葉は人々の間で使われていないようです。

●己・他人を問わずに即座に衣服を出すことができる悪魔の実の能力者・錦えもんが

「拙者 実は… ”世に珍しき果実”を食し 以来 己・他人を問わず いかなるものにも変装できる妖術を使えるよう様になったのでござる!!」

と言っていた(ワンピース67巻 第663話)

●筆で描いたモノを実体化できる悪魔の実の能力者・カン十郎が自分の能力のことを「それがしの妖術」と言っていた(ワンピース76巻 第754話)

●お菊が人造悪魔の実SMILEのことを「人工的な不思議な果実」と言っていた(ワンピース 第914話)

●触れた物を熟れさせる(腐らせる) ことができる悪魔の実の能力者・しのぶが自分の能力のことを

「わたすの”熟々妖艶の術”はあらゆる物を熟れさせるのよ♡ フフフ♡」

と言っていた(ワンピース 第924話)

などの事から考えて、それは間違いないと思います。

ワノ国でも百獣海賊団の者達は「悪魔の実」という言葉を使っている

ワノ国の一般の人々の間では「悪魔の実」という言葉が使われていないようですが、ワノ国の中でも百獣海賊団の者達は「悪魔の実」という言葉を使っているようですね。

ホールデムがお玉に

「答えろ娘… 貴様ごときがどうやって狒々を手懐けた……!?」

「部下が目撃したんだ…!! 本物の”悪魔の実”の力としか考えられん」

と言っていましたから(ワンピース 第915話)これも間違いないと思います。

百獣海賊団の者達が「悪魔の実」という言葉を使っている以上、役人達も「悪魔の実」という言葉を使っているのかもしれませんね。

●役人達に手を出せば、事件の情報はカイドウの耳に届く(ワンピース 第909話)

●百獣海賊団のバットマンが、将軍・黒炭オロチのことを「オロチ様」と言っていた(ワンピース 第914話)

●九里の博羅町は役人と海賊達の町(ワンピース 第914話)

●ワノ国ではカイドウは国を守る明王とされている(ワンピース 第921話)

●火祭りの日に鬼ヶ島では役人達と百獣海賊団が宴を行う(ワンピース 第921話)

などのことからすると百獣海賊団の者達とワノ国の役人達は、かなりガッチリ手を組んでいるように思えます。

したがって、役人達は百獣海賊団と様々な情報も共有していて、「悪魔の実」や「人造悪魔の実SMILE」についての情報も百獣海賊団から得ている可能性が高そうです。

ワノ国の人々は「口にした者に不可思議な能力を与える果実」が存在している事は知っている!?

「悪魔の実」という言葉を使ってはいなくてもワノ国の人々は「口にした者に不可思議な能力を与える果実」が存在している事は知っているのでしょうか?

錦えもんは自分が即座に衣服を出せる妖術を使えるようになったのは「世に珍しき果実」を食して以来だと自覚していました。

これは、「悪魔の実」という言葉は知らなくても「口にした者に不可思議な能力を与える果実」が存在している事は知っていたためなのではないかとも推察できますね。

また、お菊が人造悪魔の実SMILEのことを「人工的な不思議な果実」と言っていたのは、彼女が人工的ではない「口にした者に不可思議な能力を与える果実」が存在している事を知っていたためではないかとも推察できます。

ただ……錦えもんやお菊の周りには、錦えもん自身、カン十郎、しのぶと悪魔の実の能力者が何人もいましたから、彼らが「口にした者に不可思議な能力を与える果実」の存在を知っていても、それは当然のことで……

ワノ国の一般の人々の多くは「口にした者に不可思議な能力を与える果実」が存在していることなど全く知らないという可能性もあるかもしれません。

【2018年11月20日】

続けて『悪魔の実24 カタリーナ・デボンのイヌイヌの実幻獣種モデル九尾の狐の能力』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ