第907話 しらほしを天竜人が救う! ビッグ・マムはワノ国へ!

     Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again しらほし姫

第907話”虚の玉座”ネタバレ概要

※コミックス(単行本)派の方にはネタバレとなることをご承知ください


週刊少年ジャンプ2018年28号に掲載されたワンピース907話”虚(から)の玉座”のネタバレ速報です。

第907話”虚の玉座”の概要は

ビッグ・マムとカイドウが電伝虫で話をしていて

・ビッグ・マムがルフィを追ってカイドウがいるワノ国に出向こうとしている

・カイドウはビッグ・マムに何らかの借りがある

などの事が判明

●四皇2人の接触を察知し、海軍は慌てたが、ワノ国は管轄外ということで静観することにした

●マリージョア近くの「赤い港」(レッドポート)に集まった海兵達が話していた事から、ガープが海軍の英雄と呼ばれるようになった事にロジャー以前に一時代を築いていた「ロックス」が関係している事が明かされた

●バンゲア城に誰も座らない事が平和の証となっていて、世界の中心とされる虚の玉座がある事が明かされ、その過程で五老星が天竜人の最高位である事も明らかになった

天竜人チャルロス聖が、しらほしを捕らえ、ペットにしようとし、阻止しようとしたレオ、サイはCP0のロブ・ルッチに蹴散らされてしまった

その時、チャルロス聖を棍棒で殴り倒し、しらほしを 救ったのは、かつてリュウグウ王国に漂着した天竜人ミョスガルド聖だった

●バンゲア城「権力の間」にいる五老星のところにやって来たシャンクスは、「ある海賊について」の話を切り出そうとしていた

といった充実度MAXのものでした。

第907話”虚の玉座”の重要なポイント

第907話”虚の玉座”には重要なポイントがいくつもありましたので、それを列挙していってみると

●ビッグ・マムとカイドウの間に過去に何かがあったと判明

●ビッグ・マムがルフィを追ってワノ国まで行くつもりでいる

●「ロジャーの前は間違いなく奴らの時代じゃった」とガープに言わせる「ロックス」なる存在が、ビッグ・マム、カイドウと何らかの関係がある事も判明し、さらに、その「ロックス」についてヒナとガープが

「船長を失っても力は増してるわ ヒナ心配」(ヒナ)

「心配などムダじゃ!! 復活すりゃ脅威じゃが 事件は必ずわしらの想像を越えてゆく」(ガープ)

などと話していた

●バンゲア城の中に世界の中心=虚の玉座があると判明

●しらほしをチャルロス聖から助けた天竜人ドンキホーテ・ミョスガルド聖が、ネプチューンに

「10年前 リュウグウ王国に漂着した愚かな天竜人が私だ… 亡きオトヒメに諭され人間にして貰った!!!」

「全力であなた方の力になりたい!!!」

と語っていた

●世界最高の権力者=五老星がバンゲア城「権力の間」にシャンクスを迎え入れていた

●シャンクスが五老星に「ある海賊について」の話を切り出そうとしていた

といったところになります!

いつになく数が多いですが、ここに挙げた全てが本当に重要な事ばかりだと思うのです!

しらほしを救った天竜人の変わりよう  ビッグ・マムがワノ国へ

     ONE PIECE ワンピース 壁紙 45cm×67.5cm しらほし

第907話でしらほしを救った天竜人ミョスガルド聖の10年前との変わりよう

第907話の中で天竜人ミョスガルド聖は、しらほしを助けた後、上記のように10年前の自分のことを「愚かな天竜人」と語り、さらに「亡きオトヒメに諭され人間にして貰った」と語っていたわけですが……確かにかつてのミョスガルド聖は「愚かな天竜人」でした。

なにしろ自分の奴隷となっていた魚人たちを取り返すためにやって来た魚人島で

「おお!!… お前達は!!! わちきの奴隷共!!! ……大人しくウチに帰るのだえ!! 誰が自由を許した魚類共!!!」

などと言って魚人達の怒りを沸点まで煽ってしまっていたくらいですからね。(ワンピース63巻 第625話)

ハッキリ言って、かつてのミョスガルド聖の愚かさは、今回、彼が棍棒でブッとばしたチャルロス聖と同レベルのものでした。

そんな愚かだった天竜人が、かつての自分がどれだけ愚かであったかを悟り、なおかつネプチューンに「全力であなた方の力になりたい!!!」と言うまでに変わったわけです。

この愚かだった天竜人の変わりようは、もしかすると『ONE PIECE』(ワンピース)の物語のこれからの展開を暗示しているのかもしれません。

おそらくルフィは、世界をひっくり返すのでしょうが……現在の世界の頂点にいる支配者が、彼ら天竜人ですが……

まさか世界がひっくり返った時、天竜人達が死に絶えるなどという物語の展開はナシでしょう!

ですから、『ONE PIECE』(ワンピース)の物語の終盤、天竜人達が変わる事が予想できますからね。

第907話でビッグ・マムがルフィを追ってワノ国へ行くと判明

ルフィが、いずれビッグ・マムと戦うとすれば、それは、ワノ国でのカイドウと百獣海賊団との戦いを終えた後なのだとばかり思い込んでいましたが……

上記のようにビッグ・マムが、ルフィを追ってワノ国に行くつもりだということが、第907話で明らかになりました!

倒し方を想像することさえ難しいような強敵カイドウが待ち構えているワノ国に向かっているルフィ達が、どうやらロックスという伝説的な存在とも戦わなければならなくなると、やはり今回の第907話で明らかになったわけですが……

その上、ビッグ・マムまでが、ルフィを追いかけてワノ国にやって来てしまうとは……いったい、ルフィ達はどうなってしまうのでしょうか?

第907話には桃兎、茶豚、ヒナ、ルッチ、カクなどが次々登場!

第903話以降、懐かしキャラの再登場、重要キャラの新登場が続いていましたが、今回の第907話では

●中将・桃兎ギオンの本編初登場

●中将・茶豚トキカケの本編初登場

●ヒナ(階級は現在も少将か?)の久々の登場

●ロブ・ルッチのCP0として顔出しの登場

●カクのCP0としての登場

などが相次ぎました。

二人の海軍本部大将:緑牛、藤虎もマリージョアにいますし、革命軍のサボ、モーリー、カラスもマリージョアに潜入したはずですし、世界会議参加者にはルフィや麦わらの一味と絆のある者がたくさんいますし、主人公ルフィこそいないものの世界会議編は、まさにオールスター的に盛り上がってきましたね!

【2018年6月11日】

このページの内容と関連性が大きい

『シャンクスと五老星・世界政府の関係は?』

『ロックスが過去最大の敵? シャンクスやガープとの関係は?』

『カイドウのビッグ・マムへの「でかい借り」とは何なのか?』

も是非ご覧ください

続けて『ONE PIECE展開予想 第908話イムの決定でビビに危機!?天竜人ミョスガルド聖孤立!?』をご覧ください

ネタバレとはコミックス(単行本)派にとってのネタバレの意味であり、掟破りの週刊少年ジャンプ発売日前の情報暴露を意味するものではありません

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ