イチジがジェルマ66の総帥になる!? ジャッジが復活する!?

ONEPIECE DXフィギュア THE GRANDLINE SERIES! VINSMOKE FAMILY ジェルマ66 全6種 コンプリート

第882話・第897話ではイチジがジェルマ66の指揮をとり、ジャッジは登場しなかったが…

※コミックス(単行本)派の方にはネタバレとなることをご承知ください


第882話(ワンピース88巻)でジェルマ66がヌストルテ率いるビッグ・マム海賊団の一万の兵を返り討ちにしていたことが明らかになった時、ジェルマ王国の国王でありジェルマ66の総帥であるジャッジは登場しませんでした。

そして、この時、「行くぞ!! 艦を出せ!!!」と命じていたのがイチジでした。この事からビッグ・マムの攻撃で深手を負ったことによりジャッジは戦線に立てなくなり、代わってヴィンスモーク家の長男であるイチジがジェルマ66の指揮をとっているのだろうと推察し、それを『ジェルマ66はどう動く!? 鍵を握るのはイチジ!?』のページに書かせていただきました。

第897話でサンジとルフィが絶体絶命の危機に陥っていたカカオ島にジェルマ66が現れ、彼らを救いましたが……この第897話にもジャッジは登場しませんでした。

したがって、やはりジャッジは重傷を負い、戦線に立てない状態になっているという推察は的を射ていたものと思われます。

ジャッジが自分たちを騙して殺そうとしていたビッグ・マムたちに一泡吹かせるためにイチジたちと別行動をとっているということも全く考えられないわけではありませんが、その可能性は小さいでしょう。

では……ジャッジが重傷を負い、戦線に立てなくなったという推察が当たっていた場合、ジェルマ66の指揮は今後もイチジがとり続けるようになるのでしょうか?

それとも、ジャッジは復活し、またジェルマ66の指揮をとるようになるのでしょうか?

ジェルマ66の指揮はイチジが今後もとる? ジャッジは復活する?

ジャッジがどんな重傷を負ってもジェルマ66の科学力があれば復活可能!?

ジャッジがビッグ・マムの攻撃によって受けたダメージがどんなに大きかったとしてもジェルマ66の科学力をもってすれば復活は可能のように思われます。

全人生の全てを北の海(ノースブルー)の国々への復讐の為・ジェルマ帝国復活の為に捧げてきたという(ワンピース86巻 第864話)ジャッジの存在が、まだ『ONE PIECE』(ワンピース)の物語の中で必要とされているのだとすれば、必ずジャッジは復活することになるでしょう。

しかし……ジャッジがサンジの過去が明らかになったホールケーキアイランド編でのみ必要なキャラクターだった場合(=今後の『ONE PIECE』(ワンピース)の物語がジャッジを必要としていない場合)にはジャッジは復活することなくジェルマ66の指揮はイチジがとるようになるのかもしれませんね。

イチジはジャッジの野望を受け継ぐのか!? それとも…

もしも、ジャッジが復活することなく、ジェルマ66の指揮をイチジがとり続けるようになった場合には、イチジはジャッジの野望をそのまま引き継ぎ、北の海(ノースブルー)の征服を目指すことになるのでしょうか?

ジャッジの思惑どおりにイチジ、ニジ、ヨンジの兄弟たちが育っていれば、イチジはジャッジの野望をそのまま引き継ぐことになるはずですね。

ですが、イチジ、ニジ、ヨンジがジャッジの思惑どおりの人間にはなっていなかったということも考えられなくはありません。

また、今回のホールケーキアイランドでの体験によって、これまでジャッジの思惑どおりに成長していたイチジ、ニジ、ヨンジに重大な変化が生じるということも考えられそうですよね。

したがって、もしも、ジェルマ66の指揮をとり続けることになった場合にイチジがジャッジの野望をそのまま引き継ぐかというと……必ずしもそうとは限らないと思います。

世界が”ひとつなぎ”になり、東の海(イーストブルー)も西の海(ウエストブルー)も南の海(サウスブルー)も北の海(ノースブルー)もなくなってしまうかもしれないのに北の海(ノースブルー)の征服に執着しても意味はないかもしれませんしね。

【2018年3月17日】

この記事と関連性が大きい

『ジェルマ66はどう動く!? 鍵を握るのはイチジ!?』

も是非ご覧ください

続けて『作品世界考察13 モルガンズの予言が当たる時、海賊王となる最悪の世代は誰?』をご覧ください

ネタバレとはコミックス(単行本)派にとってのネタバレの意味であり、掟破りの週刊少年ジャンプ発売日前の情報暴露を意味するものではありません

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ